トイプーMimiの英国生活

英国生まれの英国育ち 小さなトイプーの成長記録です。

カテゴリ: 生後9ヶ月

昨日のミミちゃん、パパさんにキュウリをもらって、食べていたみたいです。
それも、結構な量!
(あとでパパさんに確認しました)
その後、パパさんは遊びに出かけました。

で…


ミミちゃん、お腹を壊しました!


軟便の嵐です。
足が汚れて、洗って乾かしたら、また少しして軟便。
それを3回繰り返したら、お腹はペッチャンコ。
なんでこういう時に限って、毎回踏むかなぁ〜(^◇^;)

やっと治りました。
何で、こうなったのか分からず、でも下痢はしてないし、救急に連れて行く程ではなさそうだし〜。

しばらく様子を見て、少しずつカリカリ食べさせましたが、今の所大丈夫そうです。

事を知らないパパさん、夜中の11時過ぎにご機嫌で帰って来ました。
ミミの様子を話すと、キュウリをあげたと話してくれました。

その後のパパさんは、皆さんの想像に、お任せします。


で、治まって来たミミちゃんは
image
ソファーの上で、カバのヒポポちゃんと遊んでました。

image
ブンブン振り回して、私に見せます。

image
やはりまだ本調子ではないので、遊び方も静かな感じでした。

image
ミミちゃん!
最後まで言わなくていいよ〜。



さて、昨日のブログで、英語の違いに対するコメントを、いくつか頂いたので、もう少し英語についてです。

英語の標準語って、何?って思った方、いらっしゃったでしょうか?
実は、ただ1つ、英語圏全ての国で標準語として認めている英語があります。

クィーンズ・イングリッシュ

と呼ばれる英語です。
これは、英国王族及び貴族階級と一部の人々が話す英語です。
英国内でわずか2〜3%の人々しか話せません。
全英語圏だとものすごいわずかな割合になります。

これ以外の英語は、実は全て訛りなんですよ。
アメリカ英語も、オーストラリア英語も、ニュージーランド英語も、そしてイギリス英語も、全て訛りです。

イギリスには、階級があります。

頂点はもちろん王族(ロイヤルファミリー)
そして、貴族階級(アリストクラシー)
アッパークラス
ミドルクラス
労働階級(ワーキングクラス)

下の階級に行く程、階級人口は増えていきます。

各地方毎の方言もありますが
この階級によって、話される言葉も違って来ます。

ロンドンの下町言葉、コックニーは、ロンドンの労働階級の言葉で、イギリス人達からすると、品のない言葉とされています。
スラングと呼ばれる言葉が多いからです。俗に汚い言葉とされています。

話す言葉で、どの階級出身かは、だいたい分かります。
使う単語も発音も異なります。

例えば、Castle (お城)
労働階級の人達は、キャッスル と発音します。
上の階級では、カーソル です。

労働階級では、フレーゼルバーブと呼ばれる動詞を、よく使います。
動詞と前置詞などを組み合わせて出来た動詞の事です。
アッパークラス以上の階級は、これはほとんど使いません。
正しい単語が存在しているので、それを使います。

アッパークラス以上の階級は、敬語的表現をよく使います。

この様に、一見同じ英語を話している様に聞こえても、実は違いがあるんですよ。


昔、アメリカ人の方々と仕事をした際、やはりクィーンズ・イングリッシュは憧れる、と話していました。

発音がとてもきれいで濁っていません。
巻き舌な発音もありません。
日本人の方々が聞いても、とても聞き取りやすいと感じるでしょう。

ビートルズで有名なリバプールの言葉は、イギリス人達でさえも、聞きなれないと何を言っているのか、分からないそうです。

英語には、色んな訛りがあり、方言があるので、会話が噛み合わない事って、意外と多いんですよ。

image






お読みいただき、ありがとうございます。
更新の励みになりますので、応援のポチを頂けると、とても嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村





昨日は、大事な用事があって、ロンドンまで行って来ました。

ミミちゃんは、残念ながらお留守番です。

image
イギリスの地下鉄の歴史は非常に古く、最初の路線は1863年に開通しました。
路線によっては、かなり深い地下を走っている為、ものすごい急で長いエスカレーターもあります。
この路線は、そこまで深く無いかな。

ロンドンでは、エスカレーターは右側に立ちます。
左側は、急いでいる方々が歩いて行きます。

image
電車は、トンネルの丸い形に合わせて、丸い屋根の車体になってます。
英語では、地下鉄は underground もしくは tube と呼ばれます。
チューブは、この丸いチューブ状の電車から文字ってます。
そして地下道は subway

米語とは、真逆になります。
米語では、underground が地下道で、subway が地下鉄ですね〜。

英語と米語、時々単語もスペリングも違います。
実は、米語は英語の古語なんです。

昔イギリス人達がアメリカ大陸に移住し、その当時の言葉をそのまま使い続けていたのに対し、イギリスでは年代と共にスペリングや単語そのものが変化して行きました。
米語の発音も、イギリス北部の移民者達の出身地、そこの発音なんですよ。
方言ですね〜。

image
ロンドンの中心地では、かなり前から一般車両の乗り入れが、禁止されました。
今ロンドンの中心地を走っている乗用車は、中心地に家のある方々の自動車か、もしくは罰金を払って入って来ているか、商業車です。

その為、自転車で通勤する方々が増えました。
観光客の方々や、ちょっとした時に使いたい方々の為に、レンタルサイクルがあります。

写真の自転車が、レンタルサイクルです。
ただ、イギリスでは自転車は完全に車両扱い。
当然車道を走ります。
なので、慣れていないと、危ないですね。

ちなみに、自転車は電車や地下鉄にそのまま乗せれます。
小さくたためるタイプなら、バスもオーケーです。

思ったより時間がかかり、家に着くともう夕食時
こんなに長くロンドンに行っていたのは、何年ぶりかなぁ〜。
すごい疲れました。

にぃにが心配してくれて、自分で夕食を作ってくれたので、私はのんびり休憩しました。

さてミミちゃん
初めての長いお留守番です。

大丈夫かなぁ〜って心配しましたが
どうやらにぃにがミミのいる部屋にいてくれた様です。

にぃには1人ではミミちゃんを扱いきれない為、ミミちゃんはずっとケージの中だった様ですが、そばににぃにがいたので、のんびり寛いでいた様です。
( にぃにの前で自由にすると、興奮し過ぎちゃいます。)

帰宅後、しばらくミミちゃんと遊び
今朝する時間のなかったブラッシングです。

image
ミミちゃんのブラッシングスプレー

image
これを全身に軽くスプレーしてから、ブラッシングです。
これをスプレーする事で、ブラッシング中の静電気を抑えたり、毛が切れるのを防ぎます。
毛に艶を与え、丈夫にする効果があります。
また、防虫効果もあるので、時々虫が逃げ出して来ます。
虫嫌いの私には、ちょっと厄介な瞬間です (ーー;)

image
スリッカーで、毛並みに沿ってブラッシングします。
途中引っかかりがある時は、毛の根元を指で押さえ、ミミが痛くない様に、少しずつ引っかかりを梳かして行きます。

image
次にコームで毛玉が残って無いか、確認です。
毛玉があれば、再びスリッカーで毛の根元を押さえながら、少しずつ梳かして行きます。

image
今度はコームで逆毛に梳かして行きます。
この時は、梳かすと言うよりは、撫でる様な感じです。
逆毛でしっかり梳かしてしまうと、立毛筋と言う筋肉を痛める可能性があります。
撫でる様に逆毛で梳かすのは、小さな毛玉探しです。
意外とこれで、小さな毛玉が見つかります。

最後に再び毛並みに沿ってコームをかけて、ブラッシング終了です。

これを最低1日1回やってます。
スプレーに、リラックス効果があるからなのか?
気持ち良いのか、よくブラッシング中に寝落ちしてます。

image






お読みいただき、ありがとうございます。
更新の励みになりますので、応援のポチを頂けると、とても嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村



昨日も夏日のミミちゃん地方
晴れ時々曇りの良い天気でした。


で、ミミちゃんはと言うと
予告通り、ママミングですね〜(*^▽^*)

ミミちゃん、毛が伸びるの早いと思うんですよ。
1ヶ月ほど前に、ママミングしましたが、2週間後には顔周りの毛が長くなって、目に被さる様になったので、お顔周りだけカットしたんです。
ところが一昨日の写真を見ると、すでにお目々が毛で埋まり始めてました。

ミミちゃんのヘアスタイルで、1つ考えているのがあります。

それはトップノット

正直私が面倒です。

毎朝結わないといけません。
お手入れを怠ると、皮膚病になり易く、また毛が傷み易くなったりします。

ただ、ミミちゃんの目を考えると、トップノットなのかなぁ〜と思ってます。

ミミちゃんの目の上の毛が問題なんです。

普通、目の上の毛は、一旦上方向に伸び、重みで下に垂れて来たり、横に流れる様に生えます。
これは、毛が目に入るのを防ぐ為、自然とそう生える様になってるんです。
ところが時々、毛が下向き生える仔がいるんです。

そうすると、毛が目に入り易く、涙やけや目の病気を引き起こします。
ミミちゃんの目は、これが原因で、涙が多いです。

防ぐには、いつも目の周りの毛を短く保つか、トップノットにする事。
で、今回は試しに、目の上の毛を、通常より短く切ってみる事にしました。


ママミングの前に
image
お庭遊びですね〜(*^^*)
朝露で芝生が濡れている為、最近はあまりお庭では遊ばないのですが
どうせシャンプーするんだし〜!と言う事で、思いっきり楽しんでもらいましょう(*^▽^*)

image
元気一杯走りまわってます。
今回は、カメラの調子も良いですよ〜(≧∀≦)

image
楽しそうに、歩き回ってます。

image
ジャンプしながら、走ってますよ〜!

image
今回マジでカメラの調子が良いなぁ〜。

image
思いっきり走ったからか、穏やかな表情です。


で、足にたくさんのお土産を付けたところで
ママミングですね〜(*^▽^*)

今回はビフォーを撮り忘れたので、いきなりアフターです。
image
ピーナッツカットを意識してみました。
目の上の毛一見長く見えると思いますが、今までの中で、1番短いと思います。

image

ちょっと冒険し過ぎましたね〜。
イマイチな出来となりました。
まぁでも、またすぐに伸びるから、いいかぁ〜(^◇^;)

それと、目の上の毛を短くしても、やはり毛は目の方向に伸びるので、解決にはならないですね〜。

やっぱりトップノットかなぁ〜σ(^_^;)




お読みいただき、ありがとうございます。
更新の励みになりますので、応援のポチを頂けると、とても嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村









昨日のミミちゃん地方、夏日でした。

最高気温は26度。

気温は暑過ぎると感じる温度では無いのですが、日差しが強く、肌を刺す感じでした。

去年までは、夏に帰省してましたが、いつも日差しは日本よりイギリスの方が強く感じます。

紫外線は、日本の方が強いはずなんです。
赤外線が強いんでしょうか?

30分間日差しを浴びても、イギリスの方が、肌に突き刺さる感じがして、痛いんです。
よく日本人観光客の方にも、同じ事を聞かれましたが、未だに答えは見つかりません。

今年は本当に体が慣れない嫌な天気です。


さて、ミミちゃんですが、昨日は初めての場所に行って来ました。
image
お洋服は、もちろんミミが選びましたよ〜。
一昨日の一件があったので、ミミちゃんに候補を3つ見せて、自分で選ばせました。
本当に変な仔です σ(^_^;)

image

image
門をくぐった途端、素敵な景色が広がっていました。
オシャレな橋に池。
写真に写っているわんちゃんは、この後池で泳いでました。

ここはWalpole Park (ウォールポール・パーク)
イーリング ブロードウェイの中心街近くにあります。

大勢の人達が、寛ぎに来ていました。

image
日陰を求めて橋の上に来ましたが、初めての場所だからなのか、ミミちゃん、ちょっと緊張気味なお顔ですね〜σ(^_^;)

image
日陰が結構あるので、日陰伝いに歩いてみました。

image
自然豊かでキレイな景色が広がっています。

image
キッチンガーデンがあったので、ちょっと散策
ミミちゃんも興味津々です。
多分摘み食いを狙ってるなぁ〜σ(^_^;)

image
慣れて来たのか、飛び跳ねる様に、リードを引っ張り始めました。

image
並木道を進んでいくと

image
白いわんちゃんが、アジア人女性と一緒に、やって来ました。
写真だとミミちゃんと同じくらいの大きさに見えますが、ふた回り位大きな仔です。
ミミちゃんが足の下に入れます。
とっても大人しくて、優しい仔でした。

この公園には、たくさんのわんちゃん達が、お散歩してましたが、みんなノーリードでした。

image
この公園が気に入った様です。
飛び跳ねる様に歩いてますね〜(*^^*)

image
ベンチでちょっと休憩
良い笑顔が出て来ましたよ〜(*^▽^*)

お顔の毛が、すごい伸びて来たわ〜。
お目々が毛で埋もれちゃってる〜(^◇^;)

image
噴水池の傍に、一本だけ色付き始めた木を発見
キレイな赤です。

image
ミミちゃん、おすましポーズですね〜(*^ω^*)

image
私達が付いて来ているのを確かめる様に、何度も笑顔で振り向いてました。
のんびりと1時間ちょっとのお散歩でした。

image
大勢の方々が昼寝をしたり、ピクニックをしていて、とても長閑な公園でした。

ミミちゃん、また来ようね (*^▽^*)♪

今日は昼過ぎから、ママミングだな……( ̄▽ ̄;)



お読みいただき、ありがとうございます。
更新の励みになりますので、応援のポチを頂けると、とても嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村



昨日のミミちゃん

お散歩に行く様になって、初めて
image
お散歩拒否です!

生後11週間の頃から、お散歩に行き、いつもスゴいお散歩が大好きなのに

初めて、お散歩に行こうと思ったら、嫌がってケージに入って、動かなくなりました。

お洋服を着させて、お出かけ準備する迄は、お散歩だ〜!って感じで、喜んでいたんです。

そこで、お洋服を着替えさせてみました。

image
あはは〜!
ご機嫌良く歩きますよ〜!
って言うか、走ってるし〜!

お洋服が、気に入らなかったのね〜(^◇^;)
服装にまで、こだわる様になって来たのか〜(-_-;)…

昨日は、バスと地下鉄で移動です。

ここで、ロンドンに来られる方用に、地下鉄とバスの乗り方です。

ロンドンでは、現金払いでバスや地下鉄には乗れません!
image
オイスターカードと呼ばれる、プリペイドカードが必要です。

こちらのカード、日本を発つ前に、イギリスから直接ネット購入出来ます。
その場合は、観光客専用のオイスターカードになります。

観光客専用カードですと、博物館や美術館への割引がしてもらえる等、各種特典が付きます。

購入後、イギリスから直接発送される為、余裕を持って購入が必要ですが
出発間近で、間に合わないって場合は、イギリスに着いてから、購入が可能です。

その場合は、最寄の地下鉄駅切符売り場か、街角のオイスター販売所で、一般用購入になります。
観光客特典は、一切ありません。

プリペイドなので、予め一定金額を入金しないといけません。

その都度現金で入金可能ですが、日本から購入の場合には、クレジットカードを登録し、自動引き落としになります。
一定金額以下の残金になると、自動的に登録した金額が、クレジットカードから引き落とされます。

image
こちらは駅の写真ですが、中央辺りにTICKETSと書かれた機械があります。
image
こちらの機械で、オイスターカードに入金も可能です。
地下鉄の駅には、大概この手の券売機が置いてあります。
この機械は、クレジットカード払い専用機です。

イギリスは、カード社会です。
皆さん、現金はあまり持ち歩きません。
500円程度の買い物でさえも、カードで支払う方が多いです。
その方が、安全で楽だからです。
大概のお店には、銀行と連結した支払い機が設置されていて、口座から直接引き落とされる仕組みになっています。
もしカードを盗まれても、イギリスの銀行は盗まれた以降の引き落とし金を全額保証してくれますが、現金を盗まれると、一切の保証がないからです。
また、自分で設定した金額以上は引き落とされない為、使い過ぎを防げます。

もちろん、現金も使えますよ。
その場合は、Cash オーケーの券売機を探して下さい。

image
こちらが、改札口
丸い黄色い所にオイスターカードをかざすと、ピッと音がしてゲートが開きます。

駅によっては、このゲートがない場合がありますが、オイスターカードをかざさずに出たり入ったりすると、罰金が自動的にカードより引き落とされますので、必ず乗る時降りる時にかざさないといけません。
利用記録が全て、カードに記録されて行ってます。

バスに乗る際は、前乗り後ろ降りです。
運転手さんの所に、カードをかざす機械があるので、そこにオイスターカードをかざして乗ります。

ロンドンには、One day travel card (1日乗車券) があります。
この場合は、チケット売り場か券売機で、その都度購入になりますが、オイスターカードの方が、安く乗れる様になっています。
一定金額を超えると、利用記録はされても、課金はされないからです。
その上限金額は、1日乗車券よりかなり安いです。

いずれにせよ、現金では乗れませんので、ご注意下さい。

使い切らなかったオイスターカードは、手続きをすると残高が返金されます。
手続きをしなければ、次回また使用出来ます。


ロンドンを旅行される方々が、まず必ず困るのが、トイレです。

日本やフランスの様に、あちこちにはありません!
コンビニも、ありません。

皆さん、大型スーパーのトイレを使ったり、マクドナルドやスタバ等のトイレを、お客さんのフリして使わせてもらいます。

駅の構内は、大きな駅ならトイレがあります。
image
有料になりますので、コインが必要になります。
小さな駅にはトイレはありませんので、お出かけ中大型店に入った際には、トイレにも寄る事を、忘れないで下さい。

で、話は戻りミミちゃんです。
image
こちらのカフェに、アフタヌーン・ティーしに来ました。

image
店内は、ミミちゃんオーケーです。
ミミちゃ〜ん、私の足に乗ってるよ〜(^◇^;)

image
店員さんに飲み物をもらいました。
犬オーケーのお店でも、基本犬の水は床で飲ませる所が殆どなのに、こちらではテーブルの上でもオーケー。

周りにいらした観光客の方々が、机の上のお皿からお水を飲むミミちゃんを見て、驚いていました。
このお皿、アナ雪の絵柄でしたよ (*^^*)

image
私とパパさんは、ベルギーチョコケーキと紅茶です。

image
お茶してる間、ミミちゃんは私の膝の上にいましたが、写真が撮れないので、パパさんのお膝に移動です。
カフェ好き女子ですね〜。
ご機嫌な笑顔です。

image
時々立ち上がっては、周りの景色を眺めてました。

image
お店を出た後もしばらく、ベンチに座って景色を楽しみました。

image
オシャレなお店が立ち並んでいるので、ベンチで寛ぐパパさんをおいて、ミミちゃんとお散歩です。

image
ミミちゃん、ずんずん進んで行きます。

image
こちらのレストラン近くで、黒人男性に日本語で話しかけられました。
数件隣のバーバーで働いているとか。
お客さんに頼まれて、犬の番をしてました。
日本人観光客が多いので、片言の日本語を覚えたそうです。
お客さんが戻って来たので、すぐに帰って行きました。

長閑です〜。

image
バスが止まっている所が、バス停です。
乗る際には、腕を道路側にまっすぐあげると、バスは止まってくれます。
あげないと、乗らないと思われて、そのまま止まらずに通過してしまう事がありますので、必ずあげる方がいいですね。
上に上げるのではなく、垂直にまっすぐ手を差し出す様にあげます。

降りる時は、車内のボタンを押すと、次のバス停で止まってくれます。



来週から1週間、日本から友人がロンドンに来る事になりました。
20年以上の付き合いで、私が日本に帰省すると、いつも羽田空港まで会いに来てくれます。

前回会ったのは、4月の帰省の際でしたが、その時はわずかな時間しか会えませんでした。

来週が、楽しみです。


ミミちゃん、その前にシャンプーして、綺麗にしようね〜(*^▽^*)
image
失礼しました〜(^◇^;)





お読みいただき、ありがとうございます。
更新の励みになりますので、応援のポチを頂けると、とても嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村





このページのトップヘ