トイプーMimiの英国生活

英国生まれの英国育ち 小さなトイプーの成長記録です。

カテゴリ: 獣医

昨日はやっと、涼しいイギリスに戻って来ました!
ついに峠は越えました!

何とかエアコン無しで、30度〜32度の日々を、昭和の知恵で、乗り切りましたよ!
昔の知恵も、捨てたもんじゃないね〜(*^▽^*)

さて、ミミちゃんです

昨日は獣医さんですよ。

そう!
あの抜歯後の術後診察ですね〜。

結果、前回よりもかなり良くなっていて、右下の歯茎は、ほぼ本来あるべき位置に戻りました。
問題の左下も、V字を描いてはいますが、かなり良くなっています。
このままなら、気持ちV字程度で治まりそうです。
ミミちゃんの回復力に、ちょっとビックリ!

という事で、術後診察はこれで終了となりました。

いや〜、良かった、良かった!


しか〜し

獣医さんに行ったという事は、そこはペットショップでもあるんです。

当然ミミちゃん、店内う〜ろうろ。
探してますよ〜。

おもちゃ

で、結局
image
この2つがやって来ました。
カバさんですね!
我が家の呼び名、ヒポポさんです。

もちろん、ミミちゃんが選びました。

もう1つは、知育玩具
私が選びました。
image
ミミちゃんが、ガジった跡がついてますね。

早速おやつを入れると
image
ミミちゃん、隠したおやつを探してます。

image
どうやったら開くのか、あの手この手を使って、頑張ってました。

まだスンナリとは開けれませんが、何とかおやつゲット。
思ったよりも、楽しんだ様です。


そして、気になる事が1つ

ミミちゃんにデンタルガムをあげると、なぜか咥えて持って来るのです。
持って行くのでは無く、持って来るのです。

image
そして私達に、片方を持たせて、ガジガジしてるんですよ〜。
(トリミング前の写真、パパさんと)
手を離すと、咥えて私達の前に、ポトっと落として、拾うまでジ〜っと見つめて、待ってるんですよ。

確かに、片方を持ってもらった方が、ガジガジし易いだろうけど…

これって、ズルいだけな気が…σ(^_^;)




お読みいただき、ありがとうございます。
励みになりますので、応援のポチをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村


昨日は一昨日より更に暑くなり、32度まで上がったミミちゃん地方

一昨日の症状は、その後全くなく、夜も元気一杯。
ただ、一応念の為、獣医さんにお電話してみました。


すると、獣医さんもビックリしてました!
やはり、イギリスでは熱中症になる仔は、ほとんどいないみたいです。
まぁ、自動車の中や、窓を締め切った部屋に放置したら、なりますが。

やはりミミちゃん、まだ体温調節が上手く出来ないみたいです。

これが、タイニーからティーカップに偶にみられる問題点らしいです。
ふつうの仔より、細菌などへの抵抗力や体の環境への適応力が弱いそうです。

私が散歩に連れて行った時間帯や、地面の冷え具合等、判断に間違いはなかったそうです。
獣医さんでも、連れて行っただろうと言われました。

それよりも、ミミちゃんの体温調節能力が、劣り過ぎていたのだろうと言われました。

心拍数の増加と、休んでも下がらないという点で、熱中症を想像して冷たい水と電解質代わりにみかんをあげた判断も、正しかったと言ってもらえました。
息が荒くなってしまっていたら、救急行きになってたそうです。

熱を放出する為にヘッヘッとやっているのと、息が荒くなっているのを見分けるのは難しく、気付くとすでに救急に連れて行かないと危ないレベルにまで陥ってしまうのが、ほとんどだそうです。
オーストラリア人の先生なので、オーストラリアではよく熱中症の犬が救急に運ばれて来ていた、と話していました。


まぁそんなこんなで、1週間を乗り切らないといけないのですが、散歩はしばらくは日が沈んでからですね〜。
何せ、朝の4時には日が昇るので、早朝散歩は無理です。

日が沈むのも、10時頃なので、真夜中散歩?
しかないですね〜σ(^_^;)

昼間は室内で過ごすのですが、エアコンなんてイギリス人の家庭には、まずありません。
いいところ扇風機ですね〜。
それすら無い家庭もたくさんあります。

我が家の場合、幸い扇風機はあります。
それと、私がアレルギー持ちという事もあり、ハイパワーの空気清浄機が各部屋にあります。
これが意外と便利で、普段はオート設定ですが、今回は全機フルパワー

涼しい風が吹いてます。
扇風機より涼しいわ〜。

1つ難点が、ミミちゃんの高さには風が吹かない事。

そこで、ソファの横に設置して、吹き出し口をソファに向ける。
image
ミミちゃん、寛いでます。

image
ご機嫌ですね〜(*^^*)

午後になると更に気温が上がったので、体を冷やす野菜をおやつにしました。
image
きゅうりは体を中から冷やし、また水分補給になります。
トマトは、抵抗力を高め、呼吸器等をサポートしてくれます。
りんごも抵抗力を高めると共に、酸味と甘みが、電解質の代わりをしてくれます。

1つ気をつけるのが、繊維質が多いので、あげすぎるとお腹を壊します。
少しずつ加減しながら、与えました。

与えてしばらくは、ヘッヘッと舌を出す事がありません。
体を冷やせれたのでしょう。

そして最も暑い午後の2時〜4時頃
image
最終手段ですね〜(*^^*)
ミミちゃん、初氷です。

image
ジェルマットの上に乗りながら、氷を舐めてました。

水も、1日に数回変えて、いつもキレイな水が飲める様にして、昼間の暑い時間帯は、氷を1個浮かべました。
冷た過ぎると、夏バテを引き起こしかねません。

日本だと、ペットボトルを凍らせれますが、ボトル自体が凍らせれるタイプです。
残念ながら、イギリスにはそんなボトルはありません。
そこで、水を冷蔵庫に入れて冷やしておき、氷を入れた水、冷蔵庫で冷えた水、普通の水と3種類で、その時々の気温に合わせて、水温調節しました。

昨日はきゅうりとトマト、りんごを食べさせましたが、他にもスイカやみかんも用意しようと思います。

みかんは、あげるのに注意が必要です。
外の皮を剥くのはもちろんですが、中の薄皮も剥かないと、犬には与えれません。
お腹を壊す可能性が高いからです。

種も必ず全部取らないといけません。
種によっては、毒になる物もあります。

電解質に塩分が使われますが、トイプードルの様な体の小さいわんちゃんですと、塩分濃度の加減が難しく、塩分を摂り過ぎると、臓器に負担となってしまいます。
それで私の場合は、酸味のある果物を代用しています。

日本のりんごは、大きくて糖分が強いですが、イギリスのりんごは小さくて酸味が強いので、ちょうどいいです。
それとみかんですね。

1歳から1歳半位までは、体温調節が不安定な仔がいるので、注意した方がいいそうですよ。

幸い、昼間は真夏日でも、夜は半袖だと寒いくらいなので、夜は冷やす必要がなさそうです。

それともう一点
サマーカットはしない方が良いと言ってました。

犬は全身を毛で覆われている為、皮膚は人間の皮膚よりも遥かに日差しに弱いそうです。
赤ちゃんの皮膚よりも弱いって思った方がいいと言ってました。

毛を短くしてしまうと、太陽光が皮膚に届いてしまい、皮膚の奥までダメージを与えてしまうそうです。
結果、熱中症や日射病の原因になるそうです。

トイプードルは、定期的にトリミングが必要なので、あまり短くし過ぎずに、せめて素肌が透けてみえない位の毛の長さに保つ様アドバイスを頂きました。

毛を短くしたらダメな事は、前々から知っていましたが、ではどの位の長さが良いのか、は知らなかったので、助かりました。
ちょうど2日後にトリミングを控えているので、タイムリーな情報ゲット!でした。

もし既に短くしてしまった後だったら、毛が長くなる迄は、必ず服を着せる様にって言ってましたよ。


ミミちゃん、来年の夏になれば、大丈夫かなぁ〜σ(^_^;)



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
励みになりますので、応援のポチをよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村




昨日は、久し振りに散歩に行って来ました。
曇り空で、雨が時折パラついてたけど、買い物に行きたかったので、ミミちゃんも一緒にバスで街中へ
パパさんが、いつもの坂の途中のカフェで、お仕事してたので、待ち合わせ。

寒いので、ミミちゃん厚着してます。
見えないけど、ジャケットの下に、フード付きワンピも着てるのよ〜。
本当に6月〜⁉️
image
先ずはティータイムね〜。

image
パパさん、真剣な顔して日記書いてます。
どうやら仕事は終わったみたい。

image
風が吹いてて寒かったから、テラスには殆ど人がいませんでした。

image
でも、リスさんが遊びに来てましたよ。

image
ミミちゃんも、真剣にパパさんのノートを見ています。
ペンが動くのが、気になるのかな?

image
突然、ミミちゃんが真剣な顔して止まりました!

image
鳥を見つけたみたい(^◇^;)
飛びつこうとしたけど、パパさんがリードをしっかり持ってたから、無理ね〜(*^^*)

公園内を散歩して、丘の途中のペットショップへ
ミミちゃんの初トリミング、2週間後にお願いする事に、決まりました。
お店のお姉さんに甘えて、ご機嫌なミミ

ペットショップから街中までお散歩の途中
image
ティラミス専門のカフェ発見!
わんちゃん店内オーケーだって〜(*^▽^*)
これは次回絶対試さねば!
パパさん、ティラミス大好きなので、お店の前で記念写真。
うふふ〜♪ 窓にパパさん映ってるのよね〜。
本人承諾済み。
これならはっきり見えないし、いいよ〜だって(*^^*)

ミミちゃんは久し振りのお散歩で、ペットショップのお姉さんに会えたし
パパさんは、ティラミス専門のカフェ見つけたし
私はしたかった買い物出来たし〜

みんなご機嫌で帰宅後、ちょっと休憩したら、自動車でミミちゃんの獣医さんへ
今回は自動車だから、ジャケットは無しで、フード付きワンピだけね。
image
ミミちゃん、立ち上がって興味津々でお外を眺めてます。
前には珍しい青いロンドンタクシーとバスが走ってました。
ロンドンタクシー、普通は黒ね。

今回は、抜歯の手術後の経過を診察

問題の下の歯茎
片方は綺麗に治って来てましたが、やはりもう片方は歯茎がV字状になってます。
ただ、炎症は起こしていないし、少しずつ埋まって行ってるので、数ヶ月後には、今より目立たなくなるだろうとの見解でした。

獣医さんも看護師さんも、ミミちゃんにビックリしてました。
診察台に上がったら、自分で体重計に乗って、おすわりです。

ただ単に、体重計に乗れば、ご褒美もらえるって思ってるだけなんだけどね〜(^◇^;)

そして、歯の診察では、私が「ミミちゃん、あ〜ん」って言ったら、お口をパカっと開けたので、またまたビックリ。
毎晩歯磨きしてる成果ですね〜。
磨き終わった後に、必ず「あ〜ん」って言って口を開けさせて、最終確認してます。
「あ〜ん」って言われたら、嫌いな歯磨き終わりでご褒美があるって知ってるから、この時だけは、素直に開けるのよね〜。

他の患者犬に学ばせたいわ〜と、めちゃくちゃ褒められて、パパさん鼻高々でご満悦!
ミミちゃんは、ナデナデとご褒美沢山で、超ご機嫌!

パパさん、体重測定も、歯磨きも、やってるの私だよ〜!

2週間後に、また歯茎の状態を確認して、問題が無ければ終了になりそうです。





お読みいただき、ありがとうございます。
励みになりますので、応援のポチをよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村



昨日の夕方、ミミちゃんを救急に連れて行きました。


原因はトイレシート
ミミちゃん、ビリビリに破いて、少し食べてしまったんです。


ミミちゃんのトイレは、メッシュが付いていて、シートを破いて遊べない様になってます。

夕方の散歩に行く前に、汗を流そうとシャワーを浴びてました。
するとミミちゃん、ギャンギャン泣いてます。

パパさんが傍にいる筈なのに、何で?
と思い、急いで着替えて行ってみると、ミミちゃんが1人でケージの中に…。

足元には、ビリビリに破けたトイレシート

急いでミミちゃんをキャリーバッグに移して、パパさんに電話してみると
近所の公園で、クリケットが行われているのを思い出して、観に行ってるとの事

トイレシートを交換中に、フッとクリケットを思い出し、汚れたシートを捨てずにミミちゃんをケージに戻してしまったんです。

我が家では、誰もミミの傍にいてあげれない時は、ミミちゃんをケージに入れて、誤飲誤食を防ぐ事になっています。

パパさん、偶にあります。
大好きなクリケットになると、他の事を忘れちゃうんです。
おまけに試合終了間近の時間帯
1番興奮する良い時間帯です。


取り敢えず、ミミは元気いっぱいだし、トイレシートなら、今すぐ命には関わらない。
でも、もし大量に食べていたら、腸閉塞を起こしかねない!
急いでパパさんを呼び戻し、救急に行ってきました。

image
獣医さんのやっていない時間帯のみやっています。

獣医さんも、同じ見解でした。
このまま様子をみてもいいが、もし腸閉塞を起こしたら、そちらの治療の方が、リスクが高い。
吐かせる方はリスクが無いから、吐き出させる事になりました。
薬が効いている間は、かなりヒドい吐き気に襲われるらしいです。

そうとは知らないミミちゃん
尻尾を振りまくって、獣医さんに甘えまくってました。

薬を注射してわずか2分

ミミちゃん、気持ち悪そうです。
それからずっと、1時間近く、吐き続けました。
とても辛そうで、私はずっとミミの背中をさすり続けてました。

犬は感情では泣かない、なんて嘘ですね!
ミミちゃん、辛くて涙を流していました。

やはり、トイレシートを食べていましたが、かなり細かく噛み切っていたので、これなら全部吐き出したら、もう大丈夫だろうとの事でした。
シートの裏側のビニールが、結構出て来ましたよ。

今まで、我が家で生まれた仔犬達も合わせると、かなりの数の仔犬達を世話して来たけど、誤飲誤食で獣医さんにかかるのは、初めてでした。

吐き終わって薬の効果が切れると、すぐにまた元気に尻尾を振りまくってました。
こんなにすぐに元気になるものかしら〜σ(^_^;)

ただ一応念の為、朝まで絶食になりました。

先生曰く、スゴい眠くなる薬なので、家に帰ったら朝までぐっすりですよ〜。

のハズが…



全く寝ません!
元気です!
何で?


帰宅後パパさん、パニクってました。

実はパパさん、今まで猫派でして。
ミミが、パパさんにとっては、生まれて初めて世話をする犬なんです。
先代のパピヨンや柴犬は、全て私が1人で世話してました。

救急では、のんびりくつろいでいて、さすがの私もブチ切れたのですが、
後から現実が来た様です。

パニクりながら、ミミちゃんのケージを綺麗にして、キャリーを片付ける為にチャックを開けたら

ビリリッ!

嫌な音…


ミミちゃんのキャリーバッグ


壊れました!


飛び出し防止ネット

閉まりません。



パパさ〜ん💢

昨日は絶対厄日だわ〜!


image
朝が来るまで、待ってね〜。
(只今午前2時過ぎ、真夜中です。)

今からアマゾンで、新しいキャリーバッグ、探さなきゃ〜。







お読みいただき、ありがとうございます。
励みになりますので、応援のポチをよろしくおねがいします。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村



今朝の更新で、ミミの歯茎の問題を獣医から聞き、複雑な気持ちだと感じました。

今までのミミの健康管理を褒めて欲しかったわけじゃ無い。
そんなの愛犬ブログを書いているほとんどの方々はやっている。

ミミがタイニーだとはっきり言われたのは、正直ちょっとショックだった。
大きな仔に育って欲しかったので…。
でも、健康が1番だから、体が健康ならサイズは別にいい

本当に手立ては無いのか?
やっぱり抜歯なんだから、歯茎は普通の位置に戻って欲しい。


そこで、セカンド オピニオンをもらいに行きました。

先代のパピヨンを看取ってくれた獣医さん
女性ですが、腕は確かで、3回も犬の救急でもう諦めてくれと言われたのに、その3回ともパピヨンを救ってくれました。
その救急は、彼女の本部です。
本部の意見にも、ハッキリNoと言ってくれる方。

でも、結果は同じでした。
抜歯をしてくれた獣医さんの腕は、お腹の傷が証明する様に非常に高く、歯茎にした処置も決断も正しい。
彼女がやっていたとしても、結果は同じだっただろう…という事でした。
歯茎は、完治したら、そんなに気になる程ではなくなるよ、と言ってました。

普通より元々小さい仔なのは、やはり明らかだけど、ティーカップじゃ無いし、大きめタイニーまで育ったから、大丈夫。
まだ成長は終わったわけじゃ無いし、身体は健康。
まだまだ大きくなるかもしれないし、まだまだ骨格形成や内臓、筋肉の成長には大事な時期だから、今まで通りやって行けば良いよ、と言ってもらえました。

イギリスの獣医さんは、自分がオペした訳でも無いのに、全く気にせずセカンド オピニオンをくれるので、助かります。
日本にいたら、失礼なんじゃないか?と考えて、なかなかセカンド オピニオンをもらいに行こうなんて、出来なかったと思います。


犬が大好きなミミちゃん
いっつも他のわんちゃんと遊びたくてウズウズしてるのに、相手にしてもらえない。
一生懸命他のわんちゃんに、遊んで〜って表現してるのに、無視される。
それがずっと私の心に引っかかっていて、もっと大きく、もっと体高が高くなって欲しい、といつの間にか強く思う様になったと思います。

昨日クールマットを買ったペットショップは、初トリミングをお願いする予定のお店だったので、ほんの15分程でしたが、他のわんちゃん達と、楽しく遊んでました。

ミミちゃんを安全に楽しく他のわんちゃんと遊ばせるなら、ここにもっと頻繁に連れてこよう!
ここなら、店員さん達がいつも見ていてくれるし、小さい仔達ばかりだから、ミミも相手にしてもらえる。
近所でダメなら、出来る場所に連れて行ってあげれば良い話なんだ!
そう考える事にしました。

周りには大きな仔しかいない地域で、トイを選んだんだから…。
犬がダメでも、小さいおかげで人には可愛がってもらえるし、何処へでも一緒に出掛けられる。
だから、ミミも幸せそうに笑ってる。

そう考えたら、少しスッキリしました。
image
ずっとこの笑顔でいて欲しいですね(*^^*)




にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村




このページのトップヘ