ミミちゃんに会いに来て下さり、ありがとうございます

火曜日に、ミミちゃんとバスで公園まで行って来ました。

IMG_6140
バスを降りると、すでにどこへ向かっているのか、分かっているミミちゃん
早く目的地に着きたくて、一生懸命引っ張ります!


IMG_6137
目的地は、こちらのカフェ
常連さんは、何度もご覧になったかと思います。
丘の途中の公園です。


IMG_6139
このカフェは、テムズ川への眺めがとても綺麗で、カフェは店内もわんちゃんオーケー
お食事はちょっと高いですが、フェアトレード商品を使用していて
お茶をしに、よく行きます

ただここしばらくの間は、行っていなかったので、ミミちゃんも超張り切っていました。

IMG_6143
カフェに着くと、この笑顔です!(*^▽^*)

ミミちゃんは、このカフェが大好きなんですね〜!
以前野生のリスが、私の体を登って来た時以来
ミミちゃんはここに来ると、リスを待つようになりました。

IMG_6146
この日は、気温はちょっと低かったですが、割と心地良い日でした。
そこで、テラス席でお茶をすることに〜♪

椅子に座っても、まだ笑顔のミミちゃんです。


IMG_6151
まだそんなに歩いていなかったのですが、ミミちゃん用のお水を頂いて、ご機嫌よく飲んでいました。


IMG_6153
私は紅茶とブルーベリーマフィン
パパさんは、薄いカプチーノと、家から持って来たスコーン

イギリスでは、紅茶はミルクティーにして飲むのが普通です。
レモンティーは、頼まない限りありません。
頼んでも、お店にレモンがない場合の方が、多いですね〜
レモンティーは、普通飲みません。


IMG_6148
お水を飲んで、おやつも食べて、更にご機嫌なミミちゃん!
ずっと良い笑顔でした。


IMG_6155
いきなり立ち上がり、私の後ろ側を覗き込むミミちゃん!
何事かと思って振り向くと〜


IMG_6154
野生の鳩が、私の後ろのテーブルに来てました。
多分、ケーキの残りカスを狙って、待っていたんでしょう

リスといい鳩といい、この公園の野生動物達は、人懐こいですね〜


IMG_6166
ティータイムも程々にして、ちょっと公園内をお散歩です。


IMG_6167
チューリップは、まだほとんど咲いていませんでしたが
ピンクのマグノリアが、とても綺麗でした!

しばらくすると、雨がパラついて来たので、バスで帰ります。

IMG_6131
バスは基本、前乗り後ろ降りです。
料金は、先払いです。
お金は使えないので、プリペイドカードで支払うか
コンタクトレスという機能のついた銀行のカードもしくはクレジットカードで支払います。
バス代は、一律料金です。

乗ってすぐに、小さな荷物置き場があります。

IMG_6133
そして、2階に行く階段ですね〜。
ロンドンのバスの多くは、ダブルデッカー (2階建てバス) です。

IMG_6130
入り口と出口の間の席は、妊婦さんや幼い赤ちゃんを抱いたお母さん
体の不自由な方や、年配者用です。
車内が空いている時は、若くて健康な方々も座れますが
対象者が乗って来た場合は、席を譲るのが普通です。
若者が座っていると、一斉に批難の声が上がります。

イギリスでは、年配者や妊婦さん、体の不自由な方々が乗って来ると、席を譲ったり、手伝うのが当たり前です。
若者が、見て見ぬ振りをして、そのまま座っていると、まず間違いなく怒られますよ。

赤いボタンが見えると思いますが
降りる時は、このボタンを押して、運転手さんに知らせます。

IMG_6132
車椅子専用の場所もあります。
基本車椅子が優先ですが、車椅子の方がいない場合は、赤ちゃん用のバギーを乗せておけます。
ただし、車椅子の方が乗って来た場合は、バギーは移動するか、途中で降りなければいけません。
また、満員状態でも、車椅子が優先されます。
その為、立っている乗客の方々は、移動して車椅子が乗れる様にしたり
もし乗客がいっぱいで、車椅子の入るスペースがない場合は
健康な若い乗客がバスを降りて、車椅子の方に場所を譲ります。
その場合は、運転手さんに言えば、チケットがもらえて
次のバスへは料金を支払わないで乗れます。


イギリスでは、車椅子や赤ちゃん用バギーに対して、文句が出る事は、あり得ません。
もし文句を言えば、他の乗客達から、一斉に批難されます。

弱者が最優先されます。

椅子の上にカバンを置くのも、NGですよ〜
カバンや荷物は、膝の上か足元に置きます。

イギリスでは、見て見ぬ振りはまず無いので、間違った事をすると
周りにいる方々が、キツく指摘してくれますよ〜。




お読み下さり、ありがとうございます
次回も是非、ミミちゃんに会いに来て下さい! m(_ _)m