ミミちゃんに会いに来て下さり、ありがとうございます。


昨日は病院で検査でした。
口腔内の出来物は、2ヶ月間様子を見る事になりましたが、やはり良性の可能性が高いだろうとの判断でした。
口内炎では、やはり無かったです。

本来イギリスの病院では、予め予約されている検査以外はしないです。
もし必要な場合は、再度その検査の予約を入れます。

今回、予定以外の検査を、医師が指示してくれたので、想定外の検査もして頂きました。
担当した医師も、滅多に無い例外だと教えて下さいました。

それらの結果、2ヶ月間様子を見るか
更に細かな検査をするか、私に選ばせてくれました。
これも滅多に無いらしいですが〜σ(^_^;)

他にも検査をしてありますが、そちらの結果は3週間ほど後です。
でもまぁ、今回の検査で2ヶ月様子見でも十分って感じだったから、まぁ更に検査はいらないかな〜って事にしました。

結構慎重な医師で、過去の記録も丁寧に確認してました。
そして驚いたのが、今回やった検査は、日本でも何度かやった事のある検査でしたが、日本でやった際は、局部麻酔をして行いました。
ところが今回は、麻酔無しで行ったんです。

日本でやった時は、麻酔をしてあっても、結構キツくて、やってる最中苦しいし、涙が出て来たのですが
今回無麻酔だったにも関わらず、はるかに楽だったんです。
笑って話していられたんですよ〜。
これには驚きました。

まぁ、これからも今まで通りの生活ですね〜(*^^*)
パパさんも、一連のやり取りをそばで見ていたので、ホッと安心した様です。
ただ、あまり疲れ過ぎさせない様に…とは、釘を刺されてましたが〜(苦笑)

これからも、のんびりお茶を楽しんで、リラックス生活ですね〜♪

ご心配して頂いた皆様、本当にありがとうございます!


さて今回は、土曜日のお散歩です。
image
既に昨日少しだけ写真を載せましたが、行って来たのはナショナルトラスト管理のお屋敷とその庭園です。

このお屋敷の持ち主は、犬が大好きらしく、お庭はわんちゃん大歓迎だそうです。

ただし、必ずわんちゃん達のおトイレは、キレイにする事が条件です。
トイレ用のゴミ箱も設置されてるし、カフェではわんちゃん用のお水が、たくさん置いてありました。
カフェではテラス席のみわんちゃんオーケーですが、ちゃんと屋根付きのテラスです。
飼い主としては、嬉しいですね〜(*^^*)

image
この道を進むと、お屋敷が現れます。
この道の両側の木々
栗の木なんですよ!
歩いてる最中も、上から毬栗や栗🌰そのものが、落ちて来るんです!
ちょっとスリリングでした( ̄▽ ̄;)

で、ここを無事抜けると
image

image
このお屋敷が現れます。

実はここ、冬の間は公開していません。
10月いっぱいで、しばらくの間非公開になります。

その前に、もう一回行きたいね〜って事で、行って来たんです。

image
ミミちゃん、先ずはくん活です。
わんちゃん達がたくさん来るので、お手紙がいっぱいです。

image
広大な景色が広がります。

image
伸縮リードをいっぱいまで引っ張って、トコトコ歩き回ってます。

image
時々私達がいる事を確認しながら、自由に歩き回ってます。

image
お手紙を確認しながら、落ち葉の中を進みます。

image
落葉し始めています。
秋ですね〜。

image
こちらの一角は、昔国王陛下とお妃様が、お散歩を楽しまれたお庭です。
当時の国王陛下とお妃様のお写真が、等身大パネルで展示してありました。

image
ここでもお手紙を読んでいたら
すぐそばをリスが走って行きました。

image
ミミちゃんは、くん活で忙しかったもんね〜(*^^*)

image
見事な紅葉です。

image
近くに行ってみました。

image

image
この真っ赤に色付いた木、野生のオリーブの木だそうです。
オリーブの木って、こんなに真っ赤になるんですね〜。
ちょっとビックリでした。
食用オリーブの木ではありません

image
ミミちゃん、くん活しながら更に先へ進みます!



長くなりますので、続きは次回へ



最後までお読み頂き、ありがとうございます。
また次回も是非ミミちゃんに会いに来て下さい m(_ _)m