ミミちゃんに会いに来て下さり、ありがとうございます。


ミミちゃん生後10か月に、お祝いのお言葉を頂き、ありがとうございます。

ミミが幼い頃は、大きく育って欲しくって
体高28cm、体重3kg超えを目標にしていました。
近所のわんちゃん達は、ほとんどがレトリバーサイズなので
ミミが他の仔達と遊びたくても、小さ過ぎて相手にして貰えなかったからです。

結局獣医さんが予想した通り、タイニーサイズで成長は止まりましたが
持ち前の明るさとメゲない精神で
他の仔達に踏み潰されても、遊んで〜と追いかけ回していたら
少しずつ近所にお友達も出来て
人達からも可愛がって貰える仔に育ちました。

今のところは、特に心配する様な病気無いですし
このまま明るく元気一杯走り回る日々を、過ごしていきたいですね〜(*^^*)


さて昨日のミミちゃん
image
アマゾンUKから荷物が届きました。
荷物チェックは、ミミちゃんのお仕事ですね〜。

image
小さな箱に入っていたのは、ミミの歯磨き用品です。

image
大きな箱に入っていたのは、ササニシキ米ですね〜(*^^*)
我が家では、お米はバスマティライスと、このササニシキ米です。
私は、コシヒカリ系のお米が食べれません。

お米アレルギーは、今日本でも患者数が増えて来ています。
起こる原因として、最近では4種類考えられています。
1つには、お米そのものの持つタンパク質対する、アレルギー反応
2つ目に、お米に使われる農薬などの薬品に対するアレルギー反応
3つ目が、もち米系のお米に対するアレルギー反応
そして4つ目は、最近海外で言われている品種改良によって出来た成分に対するアレルギー反応

私の場合、もち米とコシヒカリ系は、食べるとアナフィラキシーになり兼ねない危険なレベルなのですが、ササニシキ米とバスマティライスライスなどのロング米は、一定量を超えなければ、大丈夫です。
コシヒカリ系は、無農薬でもダメ。
一方で、農薬を使って栽培されたバスマティライスでも、全く問題が無いことから、農薬は原因では無いと分かってます。

コシヒカリは、うるち米ともち米を交配させて出来た品種なので、おそらくもち米成分がある為の反応か、もしくは本来なら自然では出来ない品種である為、品種改良による反応と言われてます。

日本にいた頃は、検査方法も無く、原因解明が出来なかった為、発症後は、お米を食べずにいました。
イギリスで、検査が出来て、原因が分かった為、今では一定量ササニシキ米が、食べれます。

日本のアレルギー医学は、残念ながらアメリカやヨーロッパに大きく出遅れていて、3年前は、アナフィラキシーの診断が、まともに出来ない状態でした。
アレルギー反応の原因とされるIgEを発見したのは日本人なので、とても残念でした。
今は、もう少し良くなっている事を、願いたいですが…。


で、話は戻ってミミちゃん
最近はブラッシングしても、ベタつく感じがして、ふわふわ感が足りません。
という事で、シャンプーですね〜。

image
ビフォー

image
アフター
なんか、疲れが滲み出ているわ〜σ(^_^;)

image
軽いママミング後
なぜかご機嫌になってるし〜(^◇^;)
ママミング前は、あんなに疲れたお顔だったのに…。
やっぱり変な仔だわ〜( ̄▽ ̄;)

今回は、お口周りを整えて、気になる個所を軽く切りました。
お尻周りの毛が、他よりかなり長かったのですが、パパさんとにぃにに不評だったので、短く切りました。
プリ尻は、嫌いらしいです。

可愛いと思ったんだけどなぁ〜。

スッキリさっぱりして、気持ち良かったのか?
ママミング後はご機嫌で高いテンションのミミちゃんでした。





お読みいただき、ありがとうございます。
更新の励みになりますので、応援のポチを頂けると、とても嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村