昨日、無事に手術が終わりました。
術前術後の記録として書きますので、文章中心となります。
興味のあるお方は、ぜひお読み下さい。
興味の無い方は、最後の応援ポチだけでもして頂けると、ありがたいです。


前日の日曜日夜10時から絶食
水は制限はありませんでした。

昨日15日(月)朝 9:20に獣医さんに到着。
看護師さんと予定と工程を確認。

犬歯4本は、やはり避妊手術と共に抜歯する事になりました。

幸い、昨日オペを控えていたのはミミだけだったので、手術は 11:00 開始となりました。

手術前に、血液検査、エコー検査、レントゲン検査を行い
肝臓、腎臓、心臓に問題が無いかどうか確認。

避妊手術は15分程で終了。
その後、抜歯。
本来乳歯は、永久歯が成長するのに伴い、歯根が溶けて来て、グラついて抜けるのですが、犬歯は全く溶け出していなかったので、手術以外に抜ける事は、なかったようです。
ただ、かなり深かったので、4本とも数針ずつ縫いました。

手術創はお臍から下に4cm程。
もっと小さな術創も可能だと思うのですが、安全な避妊手術にはちょうど良い大きさの術創で、むしろホッとしました。
溶ける糸を使ってあるので、数ヶ月後には自然となくなります。

お迎えは、夕方5時でした。
迎えに行った時、ミミは起きてはいましたが、まだ眠そうでした。
看護師の方で、排尿は確認、問題なしで、軽く食事も取らせて、嘔吐をしないかどうか、確認してくれてありました。
ご飯は、グレインフリーの消化の良い特別食でした。
帰宅後は、普段食べているグレインフリーのカリカリでオーケーとの事です。

一応念の為、ウェットのフードも用意してあったのですが、歯茎を深く切ってある為、ウェットだと傷口にあまり良くないとの指摘で、カリカリだけにして、もし万が一消化不良や嘔吐がある様なら、ウェットフードで調整する事になりました。

今は、術後に投薬された抗生剤と鎮痛剤が効いていますが、明日から3日間鎮痛剤を、そして同じく明日から6日間抗生剤を投薬になります。
抜歯後縫ってある関係で、しばらくは歯磨き禁止ですが、抗生剤が投薬されているので、心配はありません。

術創は普通、24時間経てば安定しますが、激しく動いたり、舐めたり、強く掻いたりすると、剥がれてくる恐れがあるので、次回3日後の検診までは、静かに過ごさせます。
ただ、ある程度動かないと、便秘になってしまいますし、腹膜内癒着を起こす原因にもなる為、術創が安定する明日からちょこちょこ室内を歩かせます。また、術後早いうちから動いた方が、創の治りも早くなるので。
お外での散歩は、小さな犬の場合、地面に近い位置を歩くので、地面からの土埃等で術後感染を起こしかねないので、しばらくはさせないつもりです。

今現在深夜3時頃ですが、術後の発熱も無く、バイタルも安定していて、痛みもない様なので、順調といった感じですね。
術創の腫れや出血、膿もありません。
このまま朝までミミの傍で休んで、様子を見続けます。

このまま順調に回復していくのを、祈るばかりです。

ご飯は、帰宅後一眠りさせて起きてから、ミミの食欲に合わせて、初めは少量から与え、一時間程経って吐き気や嘔吐が無いのを確認し、またしばらくしたら、少し量を増やしてまた様子を見て、を繰り返しています。
このまま嘔吐が見られなければ、今日の昼くらいから今まで通りの食事に戻す予定です。

順調に回復すれば、2週間後位には、術創が殆ど気にならない程度に回復しますが、腹膜と筋肉も切っている為、これらの回復にはおよそ4ヶ月必要。その間は注意をし続けるつもりです。

まだ手術後半日しか経過していないので、ただただ眠いだけみたいですが、起きてちょっとだけ歩いてる時に、写真を撮りました。
image
自宅にいる安心感からか? 優しそうな良い笑顔を見せてくれました。
良い仔です!とても誇りに思います。



避妊手術を悩まれている方が、もしこのブログを読まれた時を考え、追記ですが

初ヒートの前に避妊手術を行うと、乳腺腫瘍の発生率は、およそ0.05%です。
初ヒートの後だと、発生率は10%にまで上がるとの報告もあります。
3回目のヒート後ですと、発生率を下げるメリットはなくなります。
乳腺腫瘍発病犬の半数は、悪性の可能性が高く、またその半数は、転移性悪性腫瘍の可能性があるそうです。
ヒート前と後では、これだけの差が出ます。

病気でも無いのに、手術をするのは、正直心が痛みますが、この仔が雌犬に多い乳腺腫瘍にならない様、出来るだけ長くこの仔といる為、初ヒート前手術を決断しました。

避妊手術は普通卵巣と子宮の全摘手術となります。
その為、子宮蓄膿症の防止にもなります。

術後のメリットは、とても大きいと私は思います。






文章中心のブログとなり、面白味にかけたと思いますが、最後までお読みいただき、ありがとうございます。
励みになりますので、応援のポチをして頂けると、嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村