トイプーMimiの英国生活

英国生まれの英国育ち 小さなトイプーの成長記録です。

ミミちゃんに会いに来て下さり、ありがとうございます。


元気いっぱいなミミちゃん
image
たまごちゃん相手に、ご機嫌です。

ミミちゃんの最近のお気に入りは
image
ソファーをほりほり遊び!

image
境い目にお顔を突っ込んで、ほりほりしています。

image
時には自ら、デンタルガムを境い目に入れて、ほりほりしたり
たまごちゃんを境い目に押し込んで、ほりほり!

image
満足のいくほりほり、出来ましたか?

image
嬉しそうなお顔ね〜(*^^*)
良かった、良かった!


さて昨日は、私とにぃにのヘアカットです。

バスと地下鉄を乗り継いで、行って来ました。
もちろん、ミミちゃんも一緒です。
image
天然素材の化粧品も、売ってます。

image
小柄なアジア人女性のお客様に可愛がってもらい、ご機嫌です。
私の肩位の身長の方でした。

この美容院には、ミニピンの看板犬がいます。
体格は、ミミとほぼ同じで、ミミより1キロ重いらしく、美容師さん達が代わる代わるミミちゃんを抱っこしては、軽い〜!と驚いていました。
ミニピンちゃんは、店内を自由にしているのですが、犬懐っこい訳でも、人懐っこい訳でもないです。
なので、ミミちゃんが誰にでも甘える姿に、皆さんビックリ!
3名の方々に、欲しい〜!連れて帰りたい〜!と言われてしまいました σ(^_^;)
image
お店を出た時には、辺りは真っ暗でした。

帰りに夕食を済ませて帰宅

その後、私は無謀な挑戦を始めました。
image
型紙の製作です。
今回は、見本はありません。
完全オリジナルです。

作図用アプリがある訳ではないので、工作感覚で、作ってみました。
大体の型を作り、実際にその型を組み立てて見て、思った通りのサイズに出来上がるか、試しました。
で、思った通りに出来たので、組み立てた型をバラして
台紙の上に書き写し
縫い代を書き足しました。

で、型が出来上がったところで、作ろうと思っていたデザインを間違えていた事に気付きました。
この型は、このまま使えるので
これをちょっと変更して、元々作ろうと思っていたデザインに変更です。

もう夜も更けたので、続きは後日です。

裏地も付けたいので、それも考慮して、微調整が必要です。

犬服を作り始めてまだ数ヶ月
ちょっと無謀な挑戦かなぁ〜とは思ったのですが
やり始めてみると、思ったより面白いです。

型紙作る方が、好きかもしれないなぁ〜(*^^*)

目の前でお話しながら見ていたにぃに
『どこの世界に、初めて数ヶ月で型紙から自分で作る奴いるんだよ〜!』と言って、完全に呆れていました。

目の前にいるさ!
無謀な奴が ( ̄▽ ̄;)




最後までお読み頂き、ありがとうございます。
また是非次回も、ミミちゃんに会いに来て下さい m(_ _)m




ミミちゃんに会いに来て下さり、ありがとうございます。



私は甘いです。


子供に甘いです。


自覚はしてましたが…


甘過ぎます!


にぃににおねだりされまして〜


嫌だ!嫌だ!


と言い続けていましたが…


ついに作ってしまった!





では、早速モデル登場です!

image
ミミちゃん、ハロウィンファッションで、再び登場して頂きました!

image
被り物が大嫌いなミミちゃん
頑張っています!

image
昭和の某有名歌手を思い起こさせるポーズ!

image
ギャラをジーッと見つめています!

煮干しゲットの為に、大嫌いな被り物を、頑張って被ってくれました!

この後、ミミちゃんは今までにない煮干し3つとカリカリ2個ゲット
早々に帽子は取ってしまいました。

ミミちゃん、協力ありがとうね 💕
と言う事で
image
表側と
image
裏側ですね〜
帽子のつばには芯を入れて、しっかり形を保てる様にしました。
裏側は、とんがりでは無く、頭の形に合わせて軽いドーム状にして、深く被さってこない様にしました。

作らない!と言い続けていたんですけどね〜σ(^_^;)
息子の執念に、負けましたね〜。

ミミちゃん、ごめんね〜。


さて、今回のイギリス情報
暖房です!

ブロ友さんからのリクエストです。
嬉しいですね〜(*^^*)
リクエストを頂くと、ネタを考えなくてすみます!
リクエスト、ありがとうございます m(_ _)m

イギリスの家では、セントラルヒーティングと呼ばれる暖房が、使われています。
image
ダイニングテーブルの後ろにあるヒーターです。
家中の部屋全てに、この金属製パネルが、設置されています。
パネルは、大小様々
高さも様々
1枚パネルと2枚パネルがあって、2枚パネルはこの1枚パネルが単純に前後に2枚設置されているだけです。

これらのパネルは、大きなボイラーに繋がっています。
ボイラーで熱せられた温水が、床の下にあるパイプを通って、このパネルに送られます。
ボイラーは、お風呂や洗濯機、洗面所にも繋がっています。

そして、普段はセントラルヒーティング用にお湯を一定温度に保っています。
で、お風呂等に使うお湯は、蛇口を捻るとボイラーが察知して、セントラルヒーティングとは別に、自動でお湯を沸かしてくれます。

お風呂や洗面所に使うお湯も、セントラルヒーティングに使うお湯も、別々に温度設定が出来ます。
また、タイマーが付いているので、夜間だけセントラルヒーティングを稼働させる事も、可能です。

お湯は、絶えず循環していて、シャワーやお風呂等で使うと給水されるので、同じお湯がずっと使われ続ける事は、ありません。

各部屋ごとに、温度設定も可能です。

ほぼ全ての部屋に設置されているので、家の中は何処に行っても、大体同じ温度に保たれています。

灯油もオイルも使わないので、匂いもありません。
ガスが使われますが、コンロと同じガスを使っていて、排気管は外の高い位置に設置されているので、外に出ても、匂いはしません。

セントラルヒーティングは、熱めのお風呂のお湯程度の温度までしか上がらないので、もたれかかっても火傷はしません。
お洋服を乾かすのに丁度良い為、冬場は洗濯物をかけて干したりします。
写真のヒーターにかかっているのが、物干しです。

空気の乾燥が気になる時は、濡らしたタオルをかけて、湿度を上げたりします。
このヒーターのおかげで、洗濯物が部屋干しでも、大丈夫です。

日本とは、違う仕組みですね。
セントラルヒーティングを冬場フルに使っても、年間のガス代は、日本とたいして変わらない印象です。
外が氷点下の日でも、家の中は快適に過ごせますよ (*^▽^*)


他にもリクエストがありましたら、コメントにてお知らせ下さい。
分かる範囲で、書かせて頂きます。
ネタの提供、お待ちしていま〜す!\(^o^)/





最後までお読み頂き、ありがとうございます。
また次回も是非、ミミちゃんに会いに来て下さい m(_ _)m



ミミちゃんに会いに来て下さり、ありがとうございます。


昨日は、良い事と悪い事がありました。

先ずは悪い事

朝起きると、Wi-Fiが機能してませんでした。
夕方の5時まで、Wi-Fiがありませんでした。

これって、辛いですね〜。
日本時間の夕方4時頃から、深夜1時まで、Wi-Fiが無かったんです。

当然私が楽しみにしていたブログ巡りは無理です。

パパさんも、仕事が出来ません。

一体何で〜⁉️
と思い、プロバイダーさんに電話しようと思ったその時
玄関で何かが投函された音

見てみると、プロバイダーさんからのお手紙

『本日夕方5時まで、メインテナンスの為、Wi-Fiは使えません。』

普通こういう事って、事前に知らせませんか?
何で当日に知らせるのよ〜!

おかげで1日仕事が出来なかったわ…(-_-;)
これって、翌日がめっちゃ大変になるって事よね〜!

最悪だわ〜!(ーー;)💢


で、良かった事 ♪

雨が降りました!
雨ですよ〜♪

これで、砂埃がキレイになります!
結構な量降ったから、乾いてから舞い上がる心配もないし〜
月曜日以来軟禁生活だった私とミミちゃん

やっとお出かけが出来ます!

いや〜
雨でこんなに嬉しい事って、日本にいた時の、雨不足の時以来だわ〜。


で、昨日のミミちゃん

ネタがありません。

ずっと軟禁生活だったんです。
する事は、遊んで寝るだけ。

お散歩も無いです。

雰囲気を察したのか、連れて行けと愚図りもしません。

ただ遊ぶか寝てるだけ
image
室内は暖房が効いている為、暖かいからか、ベッドでは寝ず、床の上で寝てます。


そういえば、昨日生地が届きました。
image
ハリスツィードの生地です。
端切れが売っていたので、ちょっと買ってみました。

実はちょっと作りたい物があるんです。
何か?はまたそのうちに…(*^^*)

このハリスツィード
日本で問題になったんだそうですね〜

大手の某格安有名店数社が、このハリスツィードを使った製品を、格安で売ってしまったとか。
しかもハリスツィード協会の規定違反をして。

ハリスツィードは、スコットランドの有名高級ブランド生地です。
この生地を、全体の50%以上使用して出来た製品にのみ、ハリスツィードのタグを付けて良い決まりになっています。
また、ハリスツィードは、王族に愛用されてはいますが、英国王室御用達ではありません。

ところがこの日本の数社

全体の50%も満たないわずかな生地を、靴のかかとだったり、パーツの一部だけに使用して、タグを縫い付け販売したとか。
しかも、英国王室御用達と偽って、宣伝したそうです。
そして、ハリスツィード協会はどの社ともコラボしていないのに、コラボと宣伝されてしまったとか⁉︎

これは、英国王室にとっても、ハリスツィード協会にとっても、大変遺憾な問題です。

昨年それを非難したのですが、すでに販売ラインに乗っていて、回収は不可能という、日本では考えられない言い訳をして、国民を騙して販売し続けたとか…。
普通日本だったら、回収出来ますよね〜!
さすがにハリスツィード協会も、ブランド名を傷付けられて、放っておけない悪質なレベルになったので、今年は日本に行って、取り締まってるそうです。

某国を思わせる汚いやり方に、日本人としての誇りはないのか⁉️と、ちょっとガッカリしました。

皆さんも、騙されないで下さいね。

ちなみのこのハリスツィードとは、生地の名前です。
ハリスツィード協会によって管理されています。
どなたでも、この生地は購入出来ます。
ただし、あくまでもタグに関するルールは守る事が、前提になっています。

もちろん、50%満たない量の生地を使った場合、タグさえ付けなければ、販売しても構わないそうです。
もっとも、タグが無ければ、ハリスツィードとは証明出来ませんが。



話は戻ってミミちゃん

夜はケージの中で、1人で寝ています。
私がリビングで一緒にいても、ミミちゃんはケージの中ベッドの中です。
image
写真を撮ろうとしたら、起きちゃった〜(^◇^;)

このベッド、夏はプラスチックベースだけになります。
涼しさ重視ですね〜(*^^*)
そして気温が下がるにつれて、専用のクッションが入り
その次はクッションの代わりにふわもふ毛布が入り
最後真冬にはクッションと毛布両方になります。

今は毛布だけですね〜。
image
起こされて、不機嫌そうだわ〜σ(^_^;)
ゴメンね、ミミちゃん

ミミちゃん、毛布の中に潜る事はしません。
乗ってるだけで、暖かいのかなぁ〜?




お読み頂き、ありがとうございます。
また是非、ミミちゃんに会いに来て下さい m(_ _)m




このページのトップヘ