トイプーMimiの英国生活

英国生まれの英国育ち 小さなトイプーの成長記録です。

ミミちゃんに会いに来て下さり、ありがとうございます。


昨日は、私の通院ネタを書かせて頂いたところ、ご心配を頂き、ありがとうございます。

若い頃から持病がある関係で、昔から早期発見早期治療を心がけています。
今の時代、発見が早ければ早いほど、根治しますからね〜(*^^*)

今回も、かなり早期の対応ですし、経過観察期間を取った上での受診だったので、遅延が無いんです。
なので、何とかなるさ〜!って、意外と呑気に構えています。

持病があるおかげで、健康な方々より頻繁に検査もして頂いてるので、異常が見つかっても、素早く対応して頂けますしね。

普段健康な方々って、検査を普段から受けていない方が、多いと思うんです。
で、体調がおかしいと思ってから受診すると、大変な病気だったり!
なので、年に1回の人間ドックと、異常を感じたら、即受診をオススメしますね〜(*^^*)

発見が早ければ、癌も含め、多くの病気が根治可能な現代ですよ〜!

で、昨日の病院
image
どデカイです!
病院内には、普通のバス停が3つあります。
そして敷地の外にも更に4つ
バスで病院を出るのにかかった時間10分以上!

image
この病院には、医大もあります。

日本の地元の医科大学病院の、何倍の敷地だろう?って感じです。

イギリスの病院は、長い年月をかけて、建て増ししています。
古い建物を潰して、立て直すなんて事はしません
なので、まるで迷路です。

1つ1つが、日本の総合病院の大きさで、それが何棟あるの〜って感じですね。

診察も検査も全て完全予約制なので、急患が無い限り、すごく待たされる事はありません。
夜間救急は、ものすごく待たされますがσ(^_^;)

各棟にカフェもあるので、飲食が許可されているなら、のんびりお茶をしながら、順番待ちが出来ます。
待合室で飲んでいても、特に何も言われません。

気分はほとんどお茶しに行く様なものですね〜(*^^*)
お茶、とても重要です!

検査も終わり、結果は数週間後

週末は、別の病院で更に検査です。
その病院にも、大手のカフェが入っているので、アフタヌーン・ティーですね〜♪

で、ミミちゃんは
image
ソファーの上で、遊んでいます。
最近は、本当によくソファーの上で、遊びます。

image
たまごさんですね
このたまご、噛むとピューって音がして、ひよこが出てくるんです。
で、離すとひよこはたまごの中に戻ります。

image
このたまごを、シートの境い目に押し付けて

image
境い目に入ったたまごを、取り出そうとしています。
どうやら、新しい遊び方を、見つけた様です。

image
再び押し込んでは

image
又しても、顔を突っ込んで、取り出そうとします。

image
そして、私のところに持って来ては、引っ張りっこ

で、私がたまごを投げると、捕まえて来て
image
再びソファーの上で遊びます

飽きもせず、何度も繰り返してました。
image
たまごが投げられるのを、じーっと待つミミちゃんでした。



パパさんから、プレゼントを貰いました。
image
色々迷惑をかけたお詫びだそうです。
別にいいんだけどなぁ〜。

私のブログの常連さんは、おそらくもう中身は分かってると思いますが…
image
マグカップですね〜(*^^*)

マグカップが大好きな私
何かあると、パパさんとにぃにからのプレゼントは、マグカップです!
image
今回は、頭に植物が生えたフクロウ一家
カップの中のワンポイントが、気に入りました。
使うのが、楽しみです!




最後までお読み頂き、ありがとうございます。
また是非、ミミちゃんに会いに来て下さい m(_ _)m





ミミちゃんに会いに来て下さり、ありがとうございます。


今週は、私の病院の予約が、2回入ってます。

イギリスでは、GPと呼ばれる地域の診療所にかかり、そこの医師が必要と判断すると、総合病院へ紹介する仕組みです。
日本の様に、自分で総合病院は選べないし、行けません。

で、近所の診療所に登録する際、今までの病歴等を聞かれます。
それによって先ず、持病があって優先する必要のある人か、どうかが分けられます。

私は持病の関係で、優先順位が上になります。

また遺伝子検査の結果、私の場合は、癌になり易い体質だと、すでに分かっています。
その為、定期的に危険性のある個所を、検査します。

1ヶ月以上前に、実は腫瘍らしき物が口腔内にあるのに気付きました。

すぐに医者に行こうかとも思ったのですが、この場合マニュアルだと2〜3週間様子を見て、感染症もしくは口内炎可能性が無いかどうか、確認します。
日本だったら、多分即検査かなぁ?
お国変われば、医療現場での対応も変わります。
まぁ、ここはイギリスだしね〜。
ちょうど忙しかったり、パパさんがぶっ倒れた事もあり、しばらく放って起きました。

で、3週間経過しても、変化が見られない為、おそらく腫瘍だろうと思い、パパさんの回復を待って、診療所に受診しました。

診療所の医師も、私と同じ判断でした。
やはり、2〜3週間様子を見てから判断するそうです。
すでに経過観察期間も過ぎているので、総合病院へ最優先での診察依頼をしてくれました。

私も医師も、おそらくは腫瘍だろうと意見は一致
良性の可能性が非常に高いが、悪性の可能性がゼロとは言えない。
その為、総合病院で検査をしてもらう。
万が一悪性だったとしても、その状態からかなり初期なので、切除及び放射線治療で完治可能
良性だったら、切除してしばらく抗生物質を飲んで完治
といったところでしょう。

思わず医師と話が盛り上がり、腫瘍の話をしているのに、笑い話になってしまいました。
楽な患者だと、思いっきり笑われてしまいましたσ(^_^;)

で、総合病院での検査と診察が、週末に控えてます。

にぃにとパパさんは、私が自分の体調を誤診した事が無いので、すっかり安心しきってます。
毎度の事ですしね〜(*^^*)

で、その為、今日から週末にかけて、ブログ巡りの時間が限られてしまいます。
応援のポチだけになってしまうかもしれませんが、よろしくお願いします m(_ _)m



さて、昨日はミミちゃんの冬仕度を始めました。

夏服を片付けて、室内用の服と、お散歩用の防寒着の準備です。

以前着ていたのは、チワワの子犬用だったので、もう今のミミちゃんには小さ過ぎます。

我が家に来る前に、大きめのサイズをすでに何枚か購入してあり、仕舞ってあったので、それらを陰干しです。
イギリスで売られている、仔犬用のセーター数枚です。

で、それだけでは足りないので、少しずつ作っていかないといけません。
そこで先ずは1着
image
伸縮性のある生地で、内側はふわふわになってます。

image
ミミちゃんも、気に入ってくれたみたい。
長袖も嫌がらないので、助かります。

image
ニンマリ顔のミミちゃんですね(*^^*)

image

image

image

image
最近、連続して犬服を作ってるから
少しはキレイに縫える様になって来たかなぁ〜。


イギリスの冬は、あっという間に来るから、急いでもう少し作らないと…ですね(*^▽^*)




お読み頂き、ありがとうございます。
また是非、ミミちゃんに会いに来てください m(_ _)m




ミミちゃんに会いに来て下さり、ありがとうございます。


最近、困った事があります。

ミミちゃんが、ソファーのクッションのファスナーを、カミカミして遊ぶんです。

ファスナーが隠れる様に、クッションを置いても
クッションをひっくり返して、ファスナーをカミカミ!

万が一ファスナーが壊れて、飲み込みでもしたら、開腹手術になりかねません。

そこで、現場を取り押さえ、説教です!
image
ミミちゃん、キョトンとしたお顔で聞いてます。

そのうち
image
首を少し傾けながら、真剣に考え始めました。

おっ!
ちゃんと聞いてるかな?
と思ったのですが…
image
お〜い!
どこまで首を傾けるの〜(^◇^;)?

やっぱり説教じゃダメですね〜( ̄▽ ̄;)

まぁ、分かってはいたけど
真剣に聞くミミちゃんが面白くて、つい喋ってみたのよね〜σ(^_^;)

image
いっつもソファーの上にいるもんね〜(*^^*)

お願いだから、ファスナーは食べないでね!




余談ですが、ファスナー、別名チャック、もしくはジッパー色んな呼び名があります。

チャックは、日本以外では通じません。
チャックは、日本の商品名、ジッパーは、アメリカの商品名です。
初めて開発したのは、アメリカ人ね🇺🇸





お読み頂き、ありがとうございます。
また是非ミミちゃんに会いに来て下さい m(_ _)m





このページのトップヘ