トイプーMimiの英国生活

英国生まれの英国育ち 小さなトイプーの成長記録です。

いつもは、前日起きた事を綴っているほぼライブ日記
だから、数日間かけて連続で1日に起きた事を書くのって、結構大変なんですよね〜。
ブロガーの皆さん、スゴイなぁってつくづく思いました。

と言う事で、最終回ですね〜。


屋敷内を観終わって出て来ると
image
ミミちゃん、イジケてました σ(^_^;)
私に置いてかれたと思ったみたいです。
ゴメンね〜🙏
にぃにとパパさんが一緒だったから、大丈夫だと思ったんだけどなぁ〜。

パパさん達が屋敷内を観に行っている間
image
お膝の上でじ〜っと監視の目ですよ〜。
もう置いていかないよ〜。

image
お庭には、椅子があちこちに置いてあります。
自由に座って、休めます。

image
ミミちゃん、疑ってますね〜(^◇^;)

image
やっと安心したのか、寝始めました。


パパさん達が出て来たので、裏庭です。
image
お屋敷の裏側です。

image
大きなお屋敷には、シークレット・ガーデンという塀に囲まれた庭が、よくあります。
確か童話にもなっていた記憶が…。
右手の塀に囲まれた所が、シークレット・ガーデンで、この道はシークレット・ガーデンへと導く道です。

image
小道の左側の広場では、年配者達がクローケーと呼ばれるゲームをしていました。
日本では、ゲートボールと呼ばれていたかな?
ゲートボールは、日本発祥のゲームと言われてますが、その元になったのが、クローケー(クロッケー)と呼ばれるイギリスのゲームで、ルールはほぼ同じです。ネットで検索すると、一部でクロッケーとクリケットは同じとありますが、全く違うゲームです。
不思議の国のアリスが、フラミンゴでクロッケーをしていますね。

image
シークレット・ガーデン入り口の奥の一角です。

image
入ってすぐに目を引いたのは、このハーブガーデンです。
花が咲いた頃に来たら、見事でしょうね〜。

image
シークレットガーデン入り口は、通路で4つに区切られていて、1つ上の写真の様な庭が、それぞれありました。
おそらく花が咲いた頃には、それぞれ違った色合いを見せるのだと思います。

image
ガーデンの奥には、キッチンガーデンと庭師達の家がありました。
大きなお屋敷より、こっちの家の方が、私の好みかな〜(*^^*)

image
ミミちゃん、やっと笑顔ですね。

シークレット・ガーデンの終わりは、広いローズガーデン!
4部咲き程度だったのですが、何せ私、重度の薔薇アレルギー。
息を止めて、大急ぎで走って抜けたので、残念ながら写真は1枚もありませんでした。
image
シークレット・ガーデン出口の花壇
にぃに写真提供です。

image
お屋敷裏側の小道を抜けて帰ります。

image
ミミちゃんとパパさん、記念撮影
気のせいかなぁ〜?
ミミちゃんニヒルな笑い顔?

image
出口への小道は、又しても青白く輝いていて、幻想的でした。
不思議な庭でした。


帰り道、ボックス・ヒル と言う丘にちょっと寄り道
image
高い丘からの景色を楽しみました。
ミミちゃん、頑張ってポーズ!

イギリスには、山は無い、と言われてます。
標高が足りなくて、どれも丘と呼ばれる程度の高さ。
山を見たければ、スコットランドに行けと言いますね。



お読みいただき、ありがとうございます。
励みになりますので、応援のポチをよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村




続きです。今回は2ページに渡ります。

赤絨毯の階段を降り
image
再び1階入り口ホールですね〜。

image
薄暗い廊下を進み、1つ目の部屋は

image
ダイニングルームですね〜。
一見明るく見えますが実は暗くて、最初の2枚の写真が、実際の暗さに近いです。
まるで、キャンドルライトの中にいる感じでしょうか。
昨日の2階の寝室も、実際ははるかに暗いです。

食器は全て純銀製
グラス類はもちろんクリスタルです。

ここから順路通り、召使いの部屋に行きます。
image
ここは、ダイニングに食事を運ぶ前に、最終チェックする部屋です。
キッチンは、家主から公開しない様に、との指示があったらしく、見れませんでした。
かなり大きなキッチンらしいです。

image
召使い用リビング・ダイニングルーム

image
当時のラジオやレコードプレーヤーが未だ現役で、この日も音楽が流れていました。

image
当時の本や新聞、トランプが展示されてました。

image
リビング・ダイニングルームの外には、当時の電話があります。
壁には、当時の執事と雑務スタッフの写真が飾ってあります。

image
小物類の様ですが、何に使うのか、今ひとつ分かりませんでした。

image
掃除道具の様です。

image
メイド服ですね。
メイド服と雑用係の制服は、何着か置いてあって、どなたでも着て写真が撮れますよ。
丁度女の子達が着替えていたので、写真は撮れませんでした。

image
当時のアイロンとミシンです。

image
召使い達用の廊下です。
ご主人様達の元に行く時は、この廊下を使い、移動してました。

image
1909年6月6日に行われたパーティーの写真が、廊下に飾られていました。
中央にいる白い髭の男性は、当時の国王エドワード7世陛下です。

image
召使い達の廊下から、家主やゲストの為の廊下へ移動です。

image
ゲームルームです。スヌーカーやカードゲームをして、過ごしていたそうです。
スヌーカーはのちにアメリカに渡り、ビリヤードという新しいゲームに変わりました。
イギリスでは、ビリヤードでは無く、スヌーカーが今でも行われています。

image
お酒を飲みながら雑談したり、奥のテーブルでは、カードゲームが行われていました。

image

image
廊下には絵画や高価な壺などの調度品が、飾られていました。


続きを読む

昨日の続きです。

image
入り口と出口が別々なので、こちらから入ります
すると

image
シャンデリアと壁の上部に絵の描かれた、大きなホールがお出迎えです。

image
image
ホールの上から撮った写真です。
とても薄暗くて、iPhoneのカメラでは撮影不可能なので、ミラーレス一眼に頑張ってもらいました。
屋敷内でのフラッシュは、厳禁です。

入り口で案内をしてらした職員さんのオススメでは、2階を一通り観た後、1階を廻ると無駄無く廻れるそうなので、ここは素直に2階へ
image
こちらの赤絨毯の階段を上がっていくと

image
赤を基調とした寝室が現れました。

image
壁にはピンクのタペストリーが飾られ、ベッドの上には、当時の男性用のお洋服がたたんで置かれてました。

隣の部屋に行くと
image
今度は青を基調としたお部屋です。
当時のドレスが飾られていて

image
コスメテーブルや

image
バスルームなども、当時のまま残されていました。

image
木で出来た穴の空いた台の様な物は、昔の水洗トイレです。

他にも、小さなリビングルームが2部屋あり
image
お屋敷の間取り図や

image
住まわれていた方々の家系図やご友人方の写真などが、展示されていました。
当時の王族の写真もありました。

image
各部屋に続く廊下にも、たくさんの写真が飾られていました。

image
絵画や、このお屋敷の事を記された書籍が展示されていました。
もっと数多くの部屋があるのですが、公開されていたのは寝室2部屋とそれぞれのリビングルーム、バスルームのみ。

image
再び先ほどの赤絨毯の階段を下り、今度は1階です。

1階は、リビングルームやダイニングルーム、ゲームルーム、書斎等更にもっと豪華な部屋が続きます。
サーバント(召使い)達の部屋も、公開されてますが
続きは次回に…。


昨日のミミちゃん、家でのんびり過ごした後
夕方にバスで、丘の途中の公園へ
image
芝生の上で寝ているパパさんにイタズラして、ご機嫌顔です。
思いっきり走り回った後は
image
楽しそうに、ゴロゴロして過ごしました。



にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

このページのトップヘ