トイプーMimiの英国生活

英国生まれの英国育ち 小さなトイプーの成長記録です。

昨日のミミちゃん地方、またもや悪天候

しかも厄介なのは、カラッと晴れたと思ったら、いきなり強い雨

これでは散歩に行けれません。

仕方なく家で遊ぶのですが、ミミちゃんは何故か乗り気ではありません。
image
リビングルーム用ベッドの中で、丸くなってガムをカミカミ

ちょっと動いたかと思うと
image
今度は散歩用マットを出して来て、横になってます。

体調が悪いのかなぁ〜と、ちょっと心配になったけど、大丈夫みたい。

よくよく観察してみたら


寒かったみたいです。


ベッドからベッドへ、行ったり来たり

暖かい場所を探して、暖まっていただけみたい σ(^_^;)
服着せてあげればよかったわ。

昨日は私達も寒くて、夜には冬服出しましたよ。

また冬に逆戻りかしら〜(^◇^;)



レース、他の作品も…
image
これは、以前作った物ですが、ピンクのブレスレットは、友人のお嬢さんへのプレゼントに作りました。
1ヶ所ミスってるのよね〜。
7歳の女の子なので、喜んでもらえました。

こっちの子、早い子だと5歳くらいから化粧するのよ〜。
ちゃんと子供専用メーキャップセットも、売ってます。

丸いのは、中に布を縫い付けて、コースターになります。





お読みいただき、ありがとうございます。
励みになりますので、応援のポチをよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村





前々回のブログで、食事管理ってどうやってるの?との質問が数件ありましたので、今回はその事を書いてみます。
病気をお持ちの愛犬には当てはまりませんので、注意してください。

犬種によって、適正体重がありまして、これはケネル クラブや獣医さんが知ってます。

小柄なのに重いし胴回りも太い犬種もあれば、体高の割に細くて軽い犬種もいたりで、一概にこれが適正とは言えないんですね。
ご自分の愛犬の犬種が、どのタイプなのかを知っておくと、適正体重が分かりやすいです。
食事の量は、この適正な体格が基準になります。


ミミがトイプードルなので、トイプードルを例にあげると

トイプードルは、骨格が細くて体高の割に軽めの犬種になります。
ただこれも当然個体差があって、骨格ががっしりしたドワーフから、華奢で折れそうな骨格のハイオン等、それぞれ違います。

ケネル クラブでは、最も理想とされる体格をあげています。
ここではケネル クラブの本拠地イギリスを例にあげます。
トイプードルでは、体高24cm〜28cm 、理想は26cm(国によっては25cm)だけですね。
理想体重の明記はありません。

そこで獣医さんが適正だろうと考える体重は、体高26cmの仔で約3kg、体高28cmの仔で4kg (獣医さんによって、見解は変わります)

体高が28cmあっても、体長が26cmと短いハイオンは、これより軽めになる場合が多いです。
逆に、体高が28cmで体長が35cmのドワーフですと、体重は5kg位いく仔もあります。

なので、適正体重は、全体的な体格とのバランスと、背骨から肋骨辺りの肉付き具合で、適正を予想します。
獣医さんに聞いてみれば、良心的な獣医さんは、愛犬の適正体重を教えてくれます。


人間も同じですが、骨、骨格は、運動量によっても変わってきます。
骨の発達は、運動によって受ける衝撃によって変わります。

人間の場合は、踵にこのセンサーがあり、ジャンプしたり走った時の衝撃を感じ取ります。
それに基づいて、体は骨や骨格を強化させようとします。
自分の体が支えれなかったら、生きていけないですからね。

犬も同じです。
遺伝による骨格に、普段の運動による衝撃が加わって、最終的な骨格が形成されます。


食事の量は、適正体重を元に割り出せます。

ミミの場合、今の体高はおよそ24.5cm
獣医さんが考える適正体重は、骨格ががっしりしているので、2.6kg〜2.7kgの間になります。

安静時必要エネルギーは
70×適正体重kgの0.75乗 です。

計算の仕方は
適正体重を3回かける
その答えの平方根を2回出す。(電卓の√を2回使って計算)
その答えに70をかける

ミミの場合(2.65kgで計算した場合)

2.65×2.65×2.65=18.609625
√√18.609625=2.0769899…
2.0769899…×70=145.38929…

およそ145キロカロリーとなります。

安静時必要エネルギーとは、運動せず、だた寝ているだけの状態で必要なカロリーになるので、
これに運動時必要カロリーが加わります。

これは、年齢、避妊去勢してあるかどうか、活発かそうで無いか、等で必要量が変わります。

4ヶ月までの仔犬 ×3
4ヶ月以上の仔犬 ×2
去勢避妊してある成犬 ×1.6
去勢避妊していない成犬 ×1.8
肥満気味の成犬 ×1.2〜1.4

ミミは避妊手術はしてありますが、まだ7ヶ月なので、×2 か×1.8 になります。

避妊去勢手術後、愛犬が太り易くなるのは、この運動時必要カロリーが減るにも関わらず、手術前と同じ量をあげるからです。

ここでは、×2で計算してみます。
(実際には、私は1.8でしています)
145×2=290

これが計算上の必要カロリーになります。
ご飯だけじゃなく、おやつも込みですよ〜。


この後、実際の体格との照らし合わせる必要があります。
肋骨周りの肉付きです。
あくまでも計算上なので、実際には、もっと必要かもしれないし、逆に多過ぎるかもしれません。

そこで重要なのが、日々の体重測定。
体重が著しく増えるなら、明らかに多過ぎです。
まだ仔犬のミミは、今の体重のままか、もしくは若干増加していきます。
与えたご飯の量で、体重の増加が変わらないかもしくはわずかな増加、そして肋骨周りの肉付きが適正だったら、それが正しい食事量になります。

たとえ増加量が適正そうに見えても、肋骨周りの肉付きが悪ければ、やはり足りているとは言えません。

この辺りを、日頃の観察から推測して、ご飯を増やしたり、減らしたりしています。


ここで、もう1つの問題があります。

こんなにたくさんのご飯、私の仔は食べれないわ〜
この量あげると、お腹が空き過ぎて足りないみたいなの〜
食べれるんだけど、うんPが緩いのよ〜

等など

ここでママさんの腕の見せ所。
低カロリーの野菜さん登場!
ママの作る美味しい低カロリー手料理
もしくは高カロリー手料理
等の独自の工夫

要は、必要カロリーと栄養バランス
だったら、手料理とカリカリ、ウェットミックスでも良いんでないかい?って感じで、我が家は加減してます。
最終的に、必要カロリーと必要栄養素が取れて、適正体重キープ出来れば、それが最終目標ですね。

また、うんPが緩いなら、あげる回数を増やして、一回の量を減らす。
これは、ミミの獣医さんも推奨しています。
成犬は1日1回〜2回なんて、誰が決めたの?って、あっさり言われましたよ。
胃の大きな中型、大型犬なら分かるけど、超小型犬のトイプードルの胃なんて、すっごい小さいよ!ってね。

重要なのは、毎回腹八分を超えない事
そして適正体重を保ち、しっかりとした骨格を作り、たくさん遊び、たくさん散歩してママさん達のダイエットに貢献する事。
重要な愛犬のお仕事よね〜(*^^*)


この腹八分、非常に重要で、八分以上食べていた犬は、八分以下を保った犬より寿命が2年以上短くなったという研究結果が出ています。
八分以下を、胃の小さなトイプードルが保ちながら、適正量を食べようと思ったら、2回の食事には無理がありますよね〜。
当然胃腸に負担かけます。
愛犬によってはゆるゆるうんPも当たり前。

ミミは、生後7ヶ月で1日4回食べてます。
獣医さんも、それがミミの最適な回数だと言いました。

胃の大きさにも個体差があるので、回数はうんPの状態とご相談で。


余談ですが
うんPは、ストレスを抱えていると、緩くなる傾向があるそうです。

犬がお留守番でストレスを感じないギリギリの時間数は、平均4〜5時間だそうです。
これも、研究によって導き出されています。

集団生活をする犬にとって、ひとりぼっちは、ものすごい不安との戦いです。
その不安を紛らわす為に、お留守番中にいたずらしたり、または寝床に籠って、ひたすら恐怖と戦いながら、飼い主さんの帰りを待っているそうです。
その為、もし4〜5時間以上愛犬だけにした時は、それだけ愛犬がストレスを溜めているという事です。
それをしっかり受け止めて、ストレス発散をしてあげないと、胃腸を壊したり、色々な病気にかかりやすくなってしまいます。

お出かけから帰って来たら、疲れていても先ずは愛犬といっぱい遊んで、愛情を注いで安心させてあげて、ストレスを発散させてあげましょう。







最後までお読みいただき、ありがとうございます。
励みになりますので、応援のポチをよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村



昨日のロンドン郊外ミミちゃん地域は、雨!
おまけに風も強くて寒い!
底冷えって言うのかなぁ?
とにかく足元が寒かったです。(冷え症かなぁ?)

こんな日は、いつもめちゃくちゃ元気過ぎて大変なミミちゃんも、少しは静かになります。

思いっきり部屋の中で運動会を楽しんだ後は、ぬいぐるみ相手に狩の練習
その後私と力比べの綱引き(これも運動会の種目だわ〜)

で、更に遊ぶかと思わせて、お昼寝。
ミミがお昼寝は、とっても珍しいですよ〜σ(^_^;)


ミミが寝てるので、久し振りに出しました。
image

これ、ボビン・レースの道具です。

ボビン・レースは、主にヨーロッパ周辺とロシアで盛んに行われていました。
今は機械化されていますが、昔は糸とボビンを使って、手で編んでいました。
中世ヨーロッパの貴族のドレスに使われているレースが、ボビン・レースです。

27年前に住んでいたノッティンガムという都市で、昔レース作りが盛んでした。
で、興味が湧いて、自分でも作る様になりました。

ロンドンに住む様になってからは、忙しくて作るのをやめてましたが、数年前再び作り始め、先代のパピヨンの状態が悪化してから、また作るのをやめていました。

色々な編み方があるので、まだ思い出している最中ですが、ミミが落ち着いてきたら、また本格的に再開したいですね。

ちなみに何を作っているかというと
image
レースとビーズのブレスレット
ビーズはガラス製です。
色が濃くて分かり辛いですが、3色のビーズをレースの中に織り込んでます。

他にもレースのコースターや花瓶敷き
洋服の襟など、色んなものにレースは使われます。
レースにストーンビーズを編み込んだネックレスなんて、上品でキレイですよ。
大作になると、ダイニングテーブルカバーなんてのもありますよ。
作るのに何カ月かかるかしら?

少しずつ思い出さないと…ですね〜(*^^*)


昨日のミミちゃん
image
私が台所で仕事してると、フェンスの向こう側で、ジーっと眺めて終わるのを待ってます。

image
時々目が合うと、笑顔で嬉しそう
こんな顔で待たれると、ついつい台所仕事は後回しになりますね〜(^◇^;)






お読みいただき、ありがとうございます。
励みになりますので、応援のポチをよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村





このページのトップヘ