トイプーMimiの英国生活

英国生まれの英国育ち 小さなトイプーの成長記録です。

ご訪問頂き、有り難うございます。
今回は長く2ページに渡るかと思いますが、お読み頂けると、幸いです。m(_ _)m
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


昨日のブログでは、私の愚痴を聞いて下さるだけでなく、優しいお言葉を下さったり、私達を心配して頂き、ありがとうございます。
気温差を知った時、思わず愚痴らずには入られませんでした。

私達の昭和生活も、あと数日頑張れば、涼しいイギリスに戻るので、あと少しの辛抱ですね。

ちなみに、普段のロンドン郊外、ミミちゃん地方の夏の気温は、と言うと

湿度の低い軽井沢

涼しくて、快適です。
扇風機で十分です。

なので、只今異常気象中ですね σ(^_^;)


さて、昨日のミミちゃん

いよいよ
初トリミング

今までずっと、ママミングで済ませて来ました。
イギリスのトリミングサロン、私が確認した所はどこも、生後6ヶ月未満はトリミングしてくれません。

顔まわりは、やってくれる所もありますが、全身はやりません。

生後6ヶ月になった先月は、避妊手術で出来ませんでした。

さて、ビフォー、アフターと行きたいのですが、朝ビフォーを撮り忘れたので、1日前の一昨日写真です。
image
いつもなら、毎週どこかしらカットしているのですが、トリミング待ちということで、3週間ノーカットのボサ仔です。

そしてアフターは
image
如何でしょうか?
色々な見本を持って行ったのですが、ミミちゃん未だ仔犬の毛で、毛にコシが無く、ふわっふわ過ぎて無理。
毛の量も少ない為、しばらくはパピーカットのままで、大人の毛に生え変わり、量も増えるまで、待とうという事になりました。

私的には、耳にカットを入れたおかげで、ボリュームが出て、苦手だった足回りをスッキリしてもらえたので、嬉しいですね。
尻尾も、どうカットして良いのか、分からなかったんですけど、丸っこくなる様にカットしてくれました。

思っていたカットにはならなかったけど、満足のいく出来ですね〜(*^^*)


ここ、スゴイのが、トリミング中ずっと傍に居させてくれるんですよ。
しかも、写真撮り放題!

そこまでさせてもらえるとは思って無くて、カメラを持って行かなかったので、iPhoneに頑張って貰いましたよ〜(*^▽^*)
image
ミミちゃん、先ずはペットショップにいる仔達と、遊ぶ時間です。
このペットショップは、デイケアもしているので、お預かり中の仔達がたくさんいます。
トリミング前に、他の仔達と遊んで、環境に慣れて貰います。
一緒に遊んでる仔は、生後3ヶ月の小型犬の仔犬ちゃん。
ミミちゃん、お姉ちゃんとして、挨拶からですね。

image
カニンヘンのお姉ちゃんと、遊んでもらいました。

さて、いよいよ開始。
普通はコーミングから始めるのですが、ミミちゃんは触っただけで毛玉も絡んだ毛も無いのが分かるから、必要ないと言われ、そのままシャンプーです。
image
お尻からお湯をかけて行ったのですが、ミミちゃん周りで遊んでいる仔達が気になって仕方ありません。

image
シャンプーとコンディショナーです。
大人しくしてました。

image
タオルドライに移行
まるで別犬ですね〜。

image
タオルドライ中も、大人しくしてました。
そこへ
image
ビーグルちゃんが、遊びに来ました。

この後、ドライとカットですが、ミミちゃんはハサミだけを使ったカットを依頼したので、部屋を移動です。
この部屋でも、ドライとカットをするのですが、他のわんちゃん達が周りで遊んでいます。
バリカンなら大丈夫ですが、ハサミだと危ないので、他の仔達のいない地下の部屋へ移動しました。

image
初めてのトリミングで、ミミちゃんがどんな反応をするのか分からないので、首に紐を通して、落下を防ぎます。

image
ドライヤー大好きっ仔のミミちゃん、余裕ですね〜(*^^*)

image
バリカンには慣れてないので、ミミちゃんに確認して貰います。
ハサミでのカットですが、足先と肉球まわりはバリカンです。
ミミちゃん、避妊手術以来のバリカンに、困惑気味でした。

image
ミミちゃん、不安げな顔で、私の方を見てました。
私以外の人に切ってもらうのは、初めてですからね〜。
「何でママじゃないの?」とでも言っている様でした。

image
まだ私を見てますね。

image
ミミちゃん、腰が引けてますよ〜σ(^_^;)

写真では写っていませんが、傍にもう1人トリマーさんがスタンバイしてます。
初めてのトリミングという事で、安全を考慮して、念の為2人体制でやるんだそうです。

image
ミミちゃんが大人しくしているので、紐は不要と判断
紐を外してカットを続行です。
1度にカットせず、全身のバランスを見ながらカットしていく為、何度も同じ場所をカットします。

image
カットしている部屋は、3面ガラス張りです。

image
ミミちゃん、トリマーさんに慣れて来て、次のコマンドを待ってますよ。
「次はどこ切るの?」って聞いてるみたいですね。

この後は、トリマーさんの顔が近付く度に、お顔ぺろぺろ舐めまくり。
これにはトリマーさんも苦笑してました。

この時、もう1匹仔犬のトリミングが、別室で始まったのですが、その仔はパニクって大変。
シャンプー中大暴れ。
ドライ中に暴れながら大小両方お漏らし。
トリミング台をキレイにしている間に、他の仔に噛みつこうとしたり…で、2人体制では出来ないと判断。
ミミちゃんに付いていたもう1人のトリマーさんは、そちらの助っ人に行きました。

image
ミミちゃんは順調にカット
トリマーさんが保持しなくても、大人しくカットされてますよ〜。
ミミちゃん、良い仔だわ〜(≧∀≦)💕

image
立ってるのが疲れて来ると、寝っ転がって「好きに切ってて!」と言った感じでしょうか (^◇^;)

image
お耳の毛もカット
ミミちゃん、飽きて来てるかな〜。

image
トリマーさんと記念写真
トリマーさん、以前アメリカでトリマーをしていたブラジル人で、日本に友人がたくさんいるそうです。
カット中、私と日本の話に花が咲いてました。
ご本人も武道をなさっているそうですよ。
このお店で、ハサミだけで全身カットが出来るのは、この彼だけだそうです。

カットした面が、真っ直ぐハッキリと分かる切り方と、自然な感じで、切りました!と分からない切り方があるけど、どっちが良い?と聞かれて、自然な方を選んだので、こんな感じの仕上がりになりました。

全行程、1時間半位かかってないかなぁ…。

初トリミングという事で、通常より時間がかかると聞かされていたのですが、ミミちゃんが思っていた以上に大人しく協力的だったので、早く終われたみたいです。

耳もキレイだったので、ケアする必要無し。
でも、耳の中の毛の処置の仕方を聞いたら、目の前でやり方を教えてくれました。

これで、これからは耳の毛のケアも、簡単に出来そうです。


帰りは、1番暑い時間帯。
寄り道せずまっすぐ帰宅です。
地面もアスファルトも熱いので、ミミちゃんはずっと抱っこ。

イギリス人、本当にエアコンに慣れていません。
バスの中、エアコンが作動しているのですが、皆さん窓を全開してました。
おかげでせっかくのエアコンも効果無く、まぁ〜暑いこと!

image
ミミちゃん、超ご機嫌です。

image
パパさんと記念撮影をした後は

image
ダイニングの私の椅子の下で、超珍しく爆睡してました。

お疲れ様、ミミちゃん💕



おまけ
ミミちゃんのトリミング中、コンパニオンがいましたよ。
image
すっごい大人しくて、甘えん坊で可愛かったです。
この仔が傍にいてくれたおかげで、ミミちゃんも落ち着いていられたのかもしれないですね〜(*^^*)



最後までお読み頂き、ありがとうございます。
励みになりますので、応援のポチをして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村








ミミちゃん地方、昨日も32度超えました。

皆さん、覚えてます?

つい最近まで私、寒い〜って言ってたんですよ。
10日程前まで、最高気温が12度位で、冬服着てたんですよ。

コンサート行った日だって、20度をちょっと超えるくらいだったんですよ。

ところがその翌日イキナリ30度
一昨日、昨日と32度

これだけでも、結構キツイのに

昼間32度あるのに、夜は16度ですよ〜!
半分ですよ〜!

明日の予報は、最高気温30度、最低気温12度ですよ〜。

昼間暑いから、窓全開です。
幸い湿気は無いから、風が吹けば涼しく感じます。

寝付く頃もまだ暑いから、窓開けておきます。

ところが、3時頃になると、16度ですよ。
暑くて薄着で寝てるから、今度は寒いですよ!

おかげで、にぃに風邪ひきました。
試験休み明け初日、学校休みましたよ。
で、暑い中エアコンがガンガンに効いた病院ですよ!

病院には、エアコンがあるんですけどね〜
寒過ぎですよ〜。

鳥肌になりながら、順番待ちですよ!

もう笑うしか、無いでしょ!

エアコン無しの生活、おそらく40歳代以上の方々は、憶えているかと思います。

昔の日本は、夏は30度位の日が多くって、35度行くと、ニュースになってました。
エアコンもありません。

扇風機と窓を全開
打ち水をして、涼んでました。

タライにはスイカとトマト、きゅうりとラムネの瓶が入っていて、水を流しっぱなしにして冷やしてました。
子供達は小川で泳いだり、魚釣りして遊び、きゅうりやスイカ、トマトをおやつにして、ラムネを飲んでました。

夜も窓は全開。
寝室には蚊帳を張って、その中で寝ました。
夜風が気持ち良かったです。

只今、その頃の生活中ですよ〜σ(^_^;)

さすがに蚊はほとんどいないので、蚊帳は要らないですが…。

でも、日本の夏、夜中に気温が半分まで下がるなんて、無かったですよ〜。

は〜〜…。
この気温差、何とかして欲しいわ〜!
(愚痴ってないと、やってれないわ〜 σ(^_^;))


さてミミちゃん
だいぶこの気温に慣れて来たみたいです。
image
お気に入りの大きな牛さんで、元気に遊んでます。

image
小さな牛さんとも遊んでます。
牛さんデー
ですね〜(*^^*)

image
舌を出して、ヘッヘッってやってますが、ご機嫌ですね。

週末には、涼しくなるらしいので、この調子で乗り切らないと!
ですね〜(*^▽^*)


今日はいよいよ
ミミちゃんの初トリミング!

ペットショップ、涼しいといいけど…。

昼までに、して欲しいカットを決めなきゃ!



おまけ
自動車も、エアコンはオプションですよ。
多くの方々は、エアコンの無い自動車乗ってます。

おまけのおまけ
愚痴聞いて下さり、ありがとうございますm(_ _)m




お読みいただき、ありがとうございます。
励みになりますので、応援のポチをよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村





昨日は一昨日より更に暑くなり、32度まで上がったミミちゃん地方

一昨日の症状は、その後全くなく、夜も元気一杯。
ただ、一応念の為、獣医さんにお電話してみました。


すると、獣医さんもビックリしてました!
やはり、イギリスでは熱中症になる仔は、ほとんどいないみたいです。
まぁ、自動車の中や、窓を締め切った部屋に放置したら、なりますが。

やはりミミちゃん、まだ体温調節が上手く出来ないみたいです。

これが、タイニーからティーカップに偶にみられる問題点らしいです。
ふつうの仔より、細菌などへの抵抗力や体の環境への適応力が弱いそうです。

私が散歩に連れて行った時間帯や、地面の冷え具合等、判断に間違いはなかったそうです。
獣医さんでも、連れて行っただろうと言われました。

それよりも、ミミちゃんの体温調節能力が、劣り過ぎていたのだろうと言われました。

心拍数の増加と、休んでも下がらないという点で、熱中症を想像して冷たい水と電解質代わりにみかんをあげた判断も、正しかったと言ってもらえました。
息が荒くなってしまっていたら、救急行きになってたそうです。

熱を放出する為にヘッヘッとやっているのと、息が荒くなっているのを見分けるのは難しく、気付くとすでに救急に連れて行かないと危ないレベルにまで陥ってしまうのが、ほとんどだそうです。
オーストラリア人の先生なので、オーストラリアではよく熱中症の犬が救急に運ばれて来ていた、と話していました。


まぁそんなこんなで、1週間を乗り切らないといけないのですが、散歩はしばらくは日が沈んでからですね〜。
何せ、朝の4時には日が昇るので、早朝散歩は無理です。

日が沈むのも、10時頃なので、真夜中散歩?
しかないですね〜σ(^_^;)

昼間は室内で過ごすのですが、エアコンなんてイギリス人の家庭には、まずありません。
いいところ扇風機ですね〜。
それすら無い家庭もたくさんあります。

我が家の場合、幸い扇風機はあります。
それと、私がアレルギー持ちという事もあり、ハイパワーの空気清浄機が各部屋にあります。
これが意外と便利で、普段はオート設定ですが、今回は全機フルパワー

涼しい風が吹いてます。
扇風機より涼しいわ〜。

1つ難点が、ミミちゃんの高さには風が吹かない事。

そこで、ソファの横に設置して、吹き出し口をソファに向ける。
image
ミミちゃん、寛いでます。

image
ご機嫌ですね〜(*^^*)

午後になると更に気温が上がったので、体を冷やす野菜をおやつにしました。
image
きゅうりは体を中から冷やし、また水分補給になります。
トマトは、抵抗力を高め、呼吸器等をサポートしてくれます。
りんごも抵抗力を高めると共に、酸味と甘みが、電解質の代わりをしてくれます。

1つ気をつけるのが、繊維質が多いので、あげすぎるとお腹を壊します。
少しずつ加減しながら、与えました。

与えてしばらくは、ヘッヘッと舌を出す事がありません。
体を冷やせれたのでしょう。

そして最も暑い午後の2時〜4時頃
image
最終手段ですね〜(*^^*)
ミミちゃん、初氷です。

image
ジェルマットの上に乗りながら、氷を舐めてました。

水も、1日に数回変えて、いつもキレイな水が飲める様にして、昼間の暑い時間帯は、氷を1個浮かべました。
冷た過ぎると、夏バテを引き起こしかねません。

日本だと、ペットボトルを凍らせれますが、ボトル自体が凍らせれるタイプです。
残念ながら、イギリスにはそんなボトルはありません。
そこで、水を冷蔵庫に入れて冷やしておき、氷を入れた水、冷蔵庫で冷えた水、普通の水と3種類で、その時々の気温に合わせて、水温調節しました。

昨日はきゅうりとトマト、りんごを食べさせましたが、他にもスイカやみかんも用意しようと思います。

みかんは、あげるのに注意が必要です。
外の皮を剥くのはもちろんですが、中の薄皮も剥かないと、犬には与えれません。
お腹を壊す可能性が高いからです。

種も必ず全部取らないといけません。
種によっては、毒になる物もあります。

電解質に塩分が使われますが、トイプードルの様な体の小さいわんちゃんですと、塩分濃度の加減が難しく、塩分を摂り過ぎると、臓器に負担となってしまいます。
それで私の場合は、酸味のある果物を代用しています。

日本のりんごは、大きくて糖分が強いですが、イギリスのりんごは小さくて酸味が強いので、ちょうどいいです。
それとみかんですね。

1歳から1歳半位までは、体温調節が不安定な仔がいるので、注意した方がいいそうですよ。

幸い、昼間は真夏日でも、夜は半袖だと寒いくらいなので、夜は冷やす必要がなさそうです。

それともう一点
サマーカットはしない方が良いと言ってました。

犬は全身を毛で覆われている為、皮膚は人間の皮膚よりも遥かに日差しに弱いそうです。
赤ちゃんの皮膚よりも弱いって思った方がいいと言ってました。

毛を短くしてしまうと、太陽光が皮膚に届いてしまい、皮膚の奥までダメージを与えてしまうそうです。
結果、熱中症や日射病の原因になるそうです。

トイプードルは、定期的にトリミングが必要なので、あまり短くし過ぎずに、せめて素肌が透けてみえない位の毛の長さに保つ様アドバイスを頂きました。

毛を短くしたらダメな事は、前々から知っていましたが、ではどの位の長さが良いのか、は知らなかったので、助かりました。
ちょうど2日後にトリミングを控えているので、タイムリーな情報ゲット!でした。

もし既に短くしてしまった後だったら、毛が長くなる迄は、必ず服を着せる様にって言ってましたよ。


ミミちゃん、来年の夏になれば、大丈夫かなぁ〜σ(^_^;)



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
励みになりますので、応援のポチをよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村




このページのトップヘ