トイプーMimiの英国生活

英国生まれの英国育ち 小さなトイプーの成長記録です。

アラフィフになってからのブログ

いつもタブレットを使って投稿していますが、何か描きたい様に描けない。
何でかな〜? 皆さんはどうやってるのかしら? なんて考え試行錯誤

もしかして、タブレットだから出来ないの?っとフッと思い、パソコンを起動させてみました。

お絵かきツールがあった!
構成も変えれるの?
あれ何? これ何?
と知らない機能がいっぱい!

パソコンは以前仕事で使ったきり。
専業主婦になってからは、ネットショッピング位しか使ってなかったです。
メールも、チョッとした検索も、今ではスッカリタブレットだから。

写真がタブレットに保存してあるから、ブログもタブレットでしか投稿した事なかったです。

分からない事だらけで四苦八苦ですが、何か少しだけスッキリした気分です。
分からない事を、どんどん調べていかなくては!

ただ、パソコンでブログを書くには、まだしばらく時間がかかりそうです。
先ずは、やり方を調べなくては!

そして更にビックリなのが、何とブログが続いている事。

文章を書くのが嫌いで、幼い頃から日記は三日坊主ならぬ一日坊主。

そんな私が、日に1〜2ブログ書いてます。
いや〜、正直スッゴいビックリです!

これもミミちゃんの力ですね〜!

さてそんなミミちゃん
image
これ、おもちゃ箱?おもちゃベッド?

ここにおもちゃを入れておくと、ケージから出て来て、この中から好きなおもちゃを選びます。
image

遊び終わると、おもちゃを咥えてこの中に戻り、次のおもちゃを持って来ます。
image

おかげで、片付けがとても楽♡

1つだけ厄介なのが、ボールを投げると走って取りに行ってくれるのですが、私の所には持って来てくれず、この中に持って行ってしまいます。

少しだけ寂しさを感じますね〜。




ポチ、よろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村



ご訪問ありがとうございます。


以前、イギリスのペット事情を載せましたら、興味を持って頂けたみたいなので、わんこ事情いってみます!

動物愛護先進国のイギリス
わんこの環境も、ちょっと違います。


我が家の愛娘ミミimage
ただいま生後4ヶ月になってません。(もうじきです♡)

日本だと、まだ予防接種終了待ち中でしょうか?
ミミちゃん、生後11週間で予防接種終わって、散歩に行きまくってます。
イギリスに狂犬病が無いのは、大きいですね〜。


じつは、ヨーロッパでは、狂犬病はあります。発症例もあります。
なので、ヨーロッパに行く時は、狂犬病の予防接種を受けないといけません。

ヨーロッパでは、ペットパスポートがありますが、イギリスにはありません。

その代わり、検疫は非常に厳しく、海外からペットを持ち込むと、数カ月に渡り検疫場に預けなければなりません。


幸い、数年前から日本からのわんことニャンコは、今までの予防接種証明書と健康診断書の英語版を獣医さんから発行して頂き、動物輸送専門業者が仲介すれば、検疫場滞在免除になりましたので、到着当日に検疫はすみます。スッゴい高いです!
1年オープンの航空券よりはるかに高いです!
我が家の愛娘(にゃんこ)を保健所行きにさせたくなかったので頑張りました。
image
日本から連れて来たよ〜。

ただ、他のほとんどの国々からの入国は、長期の検疫場滞在になる為、そのストレスでお星様になってしまう子達も出てしまいます。

ヨーロッパ諸国へのわんこ同伴は、もっと楽です。
ペットパスポートを獣医さんに申し込んで発行して頂いたら、それを持って一緒に入国するだけ。
動物輸送専門業者の仲介は要りませんし、トイプードルサイズなら、航空会社によっては、カーゴで荷物扱いではなく、機内持ち込み出来ます。
簡単ですね〜。おまけにスッゴい安いです。飼い主の航空券に追加料金だけです!

日本でももう既に長年、狂犬病の発症例が無いのですが、検疫の甘さと、ロシアや他のアジア諸国等、海外からの輸送船に乗って、犬や猫が勝手に国内に入り込んでしまう現状から、未だに狂犬病の危険性がある為、狂犬病の予防接種をするらしいです。

この狂犬病の予防接種、もし打つ場合は、三年有効のものを接種します。
狂犬病予防接種にも2種類あり、一年有効のもの(日本で使用)と、三年有効のもの(アメリカ、イギリス、ヨーロッパ諸国で使用)です。

なので、1回接種したら、次は三年後。
もしヨーロッパに行く事が無ければ、接種しません。

他の混合ワクチン接種も、必ず接種しなければならないのは5種混合。
それ以外は、住んでいる地域毎の判断に任せられています。

即命に関わる大変な病気からは守り、必要以上の接種はしません。

蚊が媒介するフィラリアもありませんが、代わりに土の中に住む虫が肺に寄生してしまうので、その予防薬があります。
ノミダニ予防の薬アドボケートに含まれています。image
月に1回首の後ろですね〜。

イギリスでは、極力わんことニャンコの負担を減らしつつも、命に関わるものからは守ろうといった考えですね。

このシリーズ、時々載せようと思います。次回は、パピースクールについて、載せる予定です。
イギリスのわんこ事情、これが知りたい!ってありましたら、教えて頂ければ分かる限り載せさせて頂きますね。


応援して頂ける方は、1日1ポチして頂けると、嬉しいです。
訳も分からずバナー載せてたら、ランキング参加してたみたいですw

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

ご訪問頂き、ありがとうございます。


今までのブログで、気付かれた方もいらっしゃるかと思いますが

散歩


私達にとっては、別名

ティータイム♡


この国、何でもティータイムになるんですよね〜。

会議で行き詰まるとティータイム

休み時間はティータイム

食事の前にティータイム

もちろん食後もティータイム


おかげで毎日推奨される水分摂取量を十分超えれますw


今日のミミちゃんとの散歩もここから始まりますね〜。image
ミ: あたしのないのよね〜

いえいえ、このカフェわんこ大歓迎。
店内にも入れます。

わんこ用のお水もありますよ。
おやつは持参ね。

image
嬉しそうな笑顔♡ 今日はテンション高いですね〜。

image
このカフェ、テムズ川沿いの丘の途中の公園内にあります。

image
カフェからの眺めはこんな感じ

image
お茶の後は、ホントに散歩
ミミはいつもの如くスンスンしてますね。

image
散歩している他のわんこが気になるみたい。


この後、テムズ川沿いをたっぷり1時間半かけて歩いて帰りました。image

パパとにぃにの学期中休みもおしまい
明日火曜日から学校です。(パパ、教師してます)

ミミは明日から、ママと2人でお散歩ね。



にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


このページのトップヘ