トイプーMimiの英国生活

英国生まれの英国育ち 小さなトイプーの成長記録です。

ミミちゃんに会いに来て下さり、ありがとうございます。


悪い事は重なる…とよく言いますが
今年は受難の年のミミちゃん一家
パパさんはいまだ闘病中なので、お仕事もお休み中
既に5ヶ月以上経ちますが、まだ復活出来る目処は立っていません。

そして2週間ほど前に、トイレが壊れました!
痛い出費です (^◇^;)

そして一昨日、雨漏りが〜Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
早朝寝ているにぃにのお顔にピチャリ!
水滴で目覚めたにぃにです (苦笑)

で、昨日保険屋さんがやって来て、屋根の状態を確認したら
経年劣化による雨漏りなので、保険適応外
屋根の全面張り替えが必要だって〜((((;゚Д゚)))))))エエエ〜

ただでさえ今収入が無いのに、屋根の張り替え〜💦

冬は雨の季節…
今のうちに急いで工事を始めないと、雨漏りがぁ〜
しかも寒波も来るから、それまでに終わらせないと
寒空に屋根無し〜⁉️

こっちの屋根の張り替え、めっちゃ豪快です!
屋根を全部、丸ごととっちゃって、のんびりと土台を組み直して〜
で、タイルを貼って行きます。
結構長い間、屋根がなくて
屋根裏部屋がむき出し状態になるんですよね〜
こんなの冬にやったら、暖房ダダ漏れで
めっちゃ寒いわ〜。・°°・(>_<)・°°・。

覚悟を決めて、急いで頼まなきゃ〜(T ^ T)

早く受難の年、終わらないかなぁ〜


と出だしから愚痴ってすみません〜(^◇^;)

先日の日曜日
ケンブリッジに一緒に行けなくて拗ねてるミミちゃんと

IMG_1400
いつもの公園へお散歩です。

お散歩は、私しか連れて行かないので
私が体調を崩すと、ミミちゃんはお散歩に行けません。
先週胃痙攣になった関係で、1回しかお散歩に行けてませんでした。

ミミちゃん、久し振りのお散歩で
めっちゃご機嫌です!

IMG_1408
全く振り向かず、うさぎの様にぴょんぴょん跳ねながら走ってます。
器用な走り方だわ〜(^◇^;)

IMG_1407
伸縮リードをいっぱいまで引っ張って
走り回ってます!

IMG_1401
そして疲れて来ると、ベンチを探し始めます
このベンチに決めたのかな?

IMG_1402
ソファーには平気でジャンプするミミちゃんも
ベンチには飛び乗れなくて、乗せて〜とおねだりです (*^^*)

IMG_1403
一緒にお散歩に来たパパさんが、乗せてくれました。
パパさん、近所の公園だったら
1人でお散歩出来る位に回復しました!
ただ、まだ1番近い街まで、バスで出かけれる程には、回復していません。

IMG_1405
ベンチに座って、パパさんをジッと見つめています。

ベンチに文字が刻まれています。
これは亡くなられた方が、生前愛した公園などに
行きていた証として、思い出を刻印したベンチを設置する慣わしからです。

IMG_1406
ベンチに座る=おやつとお水休憩
だと思っているミミちゃん
にっこり笑顔で、おやつを待っていますよ〜(笑)

おやつとお水をもらって満足すると〜

IMG_1414
再びご機嫌良く歩き始めます。

すると〜

IMG_1409
ジーッと何かを見つめています!

そして

IMG_1411
何かを探し始めました!


IMG_1410
一生懸命探してます!

よく見ると〜

IMG_1412
これ!
何だ〜?
一見栗に見えるよね〜


正解は次回に〜




ミミちゃんに会いに来て下さり、ありがとうございます!

今日はすんなりと、昨日の続きです。

いよいよにぃにが最も興味のある寮内へ!
入学出来る訳でも無いのにね〜( ̄▽ ̄;)


1年生は、新し目な建物の中で生活します。

IMG_1353
すぐ目の前には大学図書館もあって、学生達の安全の為に、ゲートはオートロック
出入り口には番人も24時間常駐しています。

部屋は、色々な種類があって
スイートルームはシャワートイレ付き
学生達は全員個室を与えられますが
スイートルーム以外はシャワールームとトイレは2人もしくは3人で共有します。
昔は大部屋を共有もあったのですが、時代の変化に合わせて
この大学では今は全員個室です。
大学によっては、いまだに昔ながらの大部屋に、数名の学生達がシェアする事もあるそうです。

IMG_1360
IMG_1361
家具は最初から付いています。
衣服をしまうスペースも、壁にセットされていて
自分達で家具を用意する必要はありません。
大きめな本棚も、各部屋に付いています。

部屋の広さは、各部屋によって差があり
大きな部屋ほど使用料が高くなります。
小さくても、日本の6畳部屋よりは広いので
学生さん達はゆっくり休めると思います。

IMG_1363
IMG_1362
こちらはロフトルーム

イギリスの家には、ロフト 屋根裏部屋があります。
普段は物置として使っていますが、家の大きさそのままの広い空間です。
2mの人が立っても、頭をぶつけない高さがある為、改装すれば十分寝室に使えます。

こちらの大学では、このロフトルームも寝室として使っていました。
荷物置き場になっている暗〜い我が家のロフトに入った事があるにぃに
このロフトルームがえらく気に入っていました。

夢だけ描いててね〜(*^^*)

部屋によっては、レンガの柱の一部が出ていて、それがまた良い感じにオシャレだったり〜
結構広い部屋で、ちょっと寮に対する印象が変わりました。
私が寮生活をしていた頃の部屋は、もっと狭い部屋でしたからね〜(^◇^;)

バスルームはありません。
こっちの人って、シャワーがあれば平気なんですよ〜( ̄▽ ̄;)

2年生は、大学から少し離れた所に、この大学所有の小さな村があって、そこに住んでいます。
他の大学とは、この辺がちょっと違います。
そして3年生と修士生は、古い建物の中の寮に住んでいます。

ケンブリッジ大学の学生達は、年三回の長期のお休みの時は
全員寮を空にして出なければなりません。
荷物も全て持って出ます。
夏休みや冬休み、イースターホリデー中は
大学内で学会が開催されます。
その際、大学の寮が参加者の滞在部屋となる為です。

パパさんが時々夏にオックスフォード大学に行って、大学内に宿泊するのも
この学会に参加しているからなんですね〜。

その為、学生達は必要最低限な物しか持って来ません。

また、大学によっては
夏休み英語コース等を、外国人相手に開催したり
将来オックスフォードやケンブリッジに入りたいと夢見る若者達に、体験レッスンコースを開催する為
やはり寮が宿泊先として使われます。
これらのコースは日本からも参加可能ですが
参加費はわずか1週間でも、激高だと聞いています…(^◇^;)
それでも一度はケンブリッジやオックスフォードの大学内で、大学の教授の授業を受けてみたい!という方は
夏が近くなりましたら、各大学のウェブサイトから、申し込みが可能ですよ〜!

ちなみにイギリスの高校生がケンブリッジ大学を申し込んだ場合
特に理数系は、1000人に1人受かれば良い方と言われています。
その為、殆どの天才と呼ばれた秀才達は、他の大学に入学します。
そして、どうしてもケンブリッジが諦められない学生は
学士の資格を他の大学で修得した後、修士の勉強をする為
ケンブリッジに入学して来ます。
実は、修士課程でしたら、割と簡単に入れるんですよ〜。
倍率もめっちゃ低いですよ〜
もちろん卒業したら、ケンブリッジ大学卒業って言えます。
日本からケンブリッジを狙うなら、実はこの方法の方が
はるかに簡単に入れます。

この大学は以上です。
説明会が終わり、教授としばらくお話しして、ステキな時間を過ごしました。
私が待ち合わせ場所に来るのを待っていたにぃに
(説明会では、生徒達は、親、付き添いとは別の部屋で行われてます。)
私が教授とお話ししながら現れたので、めっちゃビックリしてました (笑)
最初は教授と直にお話しするのに緊張していたにぃにも
最後にはにこやかな良い笑顔で、楽しそうにお話し出来ました。
この大学の教授陣とは何度も話をした事がありますが、和やかな方が多くって、私的には話しやすくて好きですね〜

大学の敷地を出て、トリニティー大学の橋を渡って
ケンブリッジの街中へ移動です。

IMG_1374
IMG_1376
夏休みは既に終わっている為、パンティングを楽しむ観光客の姿もまばらですね〜


IMG_1383
よく立ち寄るイタリアンのレストランで、遅い昼食です。
まだ先日の胃痙攣から、6日しか経ってないので
にぃにオススメのボロネーゼで無難に済ませました。

FullSizeRender
にぃに撮影

にぃには更にデザートも!
このパフェ、グラスがにぃにのお顔の大きさでした!
あまりの大きさに、思わず2人揃って
お〜‼️と声が出ちゃいました (^◇^;)

もちろんにぃには、余裕で完食です。

用事も終わり、雨なので観光してもなぁ〜
ケンブリッジは何度も来ているし、これからも用事でよく来る場所だし〜
という事で、さっさと帰路に

IMG_1390
ロンドンキングスクロス駅は、この天井が大変有名です!

そして数年前からこの駅を世界中で大変有名にしたこちら!

IMG_1387
ハリーポッターですね〜

何度もこの駅に来ているのに、毎回ここに立ち寄るのを忘れちゃってました!
今回は行って来ましたよ〜!

でも…

IMG_1388
順番待ちの人混みが物凄くって、とても並ぶ気力と体力が残っていませんでした〜
これ、5列くらいが蛇行した状態で、並んでいるんですよ〜

IMG_1391
隣接しているハリポタのお店だけでも〜と思ったのですが
こちらも入店制限がかかっていて
入店の順番待ちの行列がぁ〜

IMG_1392
ハリーポッター人気、いまだに物凄いですね〜(^◇^;)

前回は夜に帰って来たのですが
今回はまだ陽のあるうちに帰れたので

IMG_1395
ハリーポッターでは、キングスクロス駅の外観に使われた、お隣のセントパンクレス駅です。
綺麗な建物ですね〜。
映画で使われるのも、納得だわ〜。


最後に主役の登場です!
IMG_1421
ご飯まだ〜?と寄って来たミミちゃんです!
今すぐ用意するから、待っててね〜💦






ミミちゃんに会いに来て下さり、ありがとうございます。

昨日の続きになります。
ミミちゃんは今回も、最後にチラッと出るだけです (^◇^;)

イギリスの大学入試の仕組みを紹介します。
スッゴ〜イ長いので、興味のない方は、写真まで飛ばして下さい。

イギリスの大学受験は、中学の終わりから始まっています。

日本では、殆どの子供達が高校に進学しますが
イギリスでは半数以下の子供達しか進学出来ません。
高校へ進学するには、中学校終了時に行われるGCSEと呼ばれる試験で
一定の成績を取らなければいけません。
この試験がかなり大変で、半数の子供達は高校進学基準に達しません。
高校へ進学するという事は、大学を目指すといった事になるんです。
中学の後半は、メインの教科以外は選択制になります。
大学進学を目指さない子供達は、就職を考えた教科を選択します。
にぃにの通った中学では、プロの方々を講師として迎えて
卒業後率先力となる様に、教えています。
大学進学を目指す子供達は、アカデミックな教科を選択します。
日本では、工業系等の技術大学も大学と呼びますが
イギリスでは、大学はアカデミックな内容を習い、研究する場で
技術的な内容を習う学校はテクニカル大学として、別の扱いになっています。
学士の資格も、アカデミックの大学を出るともらう事が出来
技術系では大卒とされる学士の資格ではなく、別の資格となります。
最近では、ユニバーシティーでも、テクニカル大学を統合する所が出て来ましたが
資格はやはり別となります。

中学の終わりには、日本の普通高校卒業後程度の知識がついています。
その為、そのまま卒業して就職しても、日本の高卒で就職した学生とあまり変わらない状態になります。

高校では、4教科を選択して、日本のトップ進学高校2〜3年生が習う内容から日本の大学1年生〜2年生の半ば位に習う内容を習います。

統計学で既に、中卒時の成績から、高校卒業時に予想される成績が割り出されていて
高校では、何とかその成績内に収まる様に、そして可能であれば、予想を上回る成績で卒業出来る様に、学生達を指導して行きます。
高校の半ばで、ASと呼ばれる試験が行われて、その結果を元に、想定される最終成績が割り出されます。
この統計学で割り出された結果はほぼ正確で、殆どの子供達はこの枠内かそれ以下の成績で高校を終えます。

大学申し込みは13年生の秋になります。
学生達は、平均5〜6校選び、申し込みます。
大学では、最低限必要な成績が公開されていて、予想される最終成績を元に、子供達は大学を選びます。
予想される最終成績と大学側が提示している成績との差がある場合は、子供達が受験を希望しても、高校側は認めません。
高校側としても、大学側に提示する予想成績の信憑性を維持しなければならないので、子供達の高望みや記念受験は、絶対に認めません。
ケンブリッジとオックスフォードに関しては、例え高成績でも、落とされる可能性が非常に高い為
高成績の子供達に関しては、オックスフォードとケンブリッジへの記念受験を認めてくれます。
オックスフォードとケンブリッジは、両方を受験する事は認められていません。
その為挑戦してみたい場合は、どちらか一方を選びます。
そしてオックスフォードもケンブリッジも、ユニバーシティー内に多くの大学を抱えているので
その大学の中から1大学を選び、申し込みます。

この時点では、まだ入試は行われていませんが、既に想定される最終成績が出ているので、大学側はそれを元に生徒達を選別します。
一般大学では、年明けに仮合格を出します。

ケンブリッジとオックスフォードでは、この書類審査を通った学生達を、更に独自の試験で振り分けて行きます。
去年までは、この試験は年末〜2月にかけて行われていましたが、今年からはケンブリッジでは
10月後半に先ずは筆記試験を、そしてクリスマス前に面接試験を行う事になりました。
オックスフォードに関しては、同じ方式かどうかは、定かではありません。
これらの試験に受かると、1月に仮合格がもらえます。
書類審査で既に半分以上が、そして筆記試験と面接試験で更に半分以上が落とされます。

医学部と法学部、数学部を専攻する場合は、更に難しい試験が行われて、その結果も踏まえて仮合格かどうかが決まります。

法学部は時期が分かりませんが
医学部はBMATと呼ばれる試験を10月に
数学部はSTEPSと呼ばれる試験が翌年の6月に行われます。
この試験で高成績を出せなければ、どんなに高校最後の大学を決める試験で全教科満点を出していても
ケンブリッジは落とされます。
どちらの試験も、高校教師が教えれるレベルでは無い為、殆どの学校では教えていません。
大学卒でも高成績を出すのは難しく、教えれないレベルになります。
この試験で70〜80%正解を出さなければならず、仮合格をもらっていても
多くの学生達が、最終的に不合格となります。

東大や京大受験より、遥かに難しい試験内容で、仕組みとなっています。

さて、1月に数校から仮合格を頂くと、いよいよ5月〜6月にかけて
入試に相当する試験が行われます。

受験教科は各自が高校で専攻している3〜4教科。
日本と比べると、教科数が少ないと思われますが、内容は深く難しく
しかも1教科に対して、数日かけて行う為
ヤマを張ったり、傾向に合わせた勉強がほとんど出来ません。
今まで習ってきた全てに対して網羅していないといけません。

また、3〜4教科と言っても、各教科それぞれ専門分野別に分かれている為
例えば数学の試験では、数学内に分類される教科全てが含まれています。
特に専門分野の多い理数系等は、10教科近い内容を試験されます。
その為、試験には1ヶ月半という長い期間が費やされます。

この試験が終わると、子供達は高校卒業で、夏休みに入ります。

試験結果は8月半ばに出ます。
そして、仮合格した大学が出している基準の成績以上が取れていれば
その大学は合格確定となります。
数校合格した場合は、その中から1番行きたい大学を決めて
大学に正式な進学手続きを行います。

大学は10月から始まる為、それまでの間一家は、通学準備に大忙し。
地元以外の大学の場合は、宿探しもあります。
ケンブリッジの様に、寮制の大学はあまりありません。

大学側は、翌年度の入試の準備に取り掛かります。
夏休み中〜9月いっぱいにかけて、各地で大学説明会が開催されています。
大学説明会は、イースターホリデー中にも行われる為
今の時期を逃してしまった場合も大丈夫です。

学費と宿代は、国の定めるローンを組む事が出来ます。
これは卒業後一定金額以上稼ぐ様になると、給料から自然に引き落とされる様になり
一定金額以上稼げない間は、支払いは行われません。また、36年経過しても支払い切れない場合は
支払いの義務が無くなります。
その為、生活に困る様な事にはなりません。
このローンは学生本人の名義でしか出来ないので、支払い義務は子供達となります。
親への金銭的負担は、あまりありません。

さて〜
やっと本題だわ〜(^◇^;)
興味のなかった方々は、申し訳ありませんでした m(_ _)m

IMG_1365
IMG_1364
こちらは大学内の図書館になります。
この大学で学ぶのに必要な書籍のほとんどが置いてあります。

IMG_1366
館内のあちこちに、学習用のデスクも置いてあります。
利用出来るのは、この大学の学生とスタッフのみ。
一般の方々は、普段は入館出来ません。

にぃに、興味深い本を見つけたらしく、説明会が終わった後図書館に戻って
しばらく本を読んでいました。

IMG_1342
こちらの歴史ある建物に戻り、中に入ると
地下に〜

IMG_1355
学生用の食堂がありました。
この食堂、いつも開いているわけではなく
1日3回朝昼晩の決まった時間にしか営業していません。
しかも各時間わずか2時間程度。
その為、多くの学生達は、ここで買って外で食べたり
自分の部屋に持って行って食べたり
仲間達と芝生の上で寝っ転がりながら食べたりします。

IMG_1356
食堂の座席数も限られていますね〜。

この食堂の奥には

IMG_1357
バーがありました。
ケンブリッジでは非常に珍しい事です。
しかもバーテンダーさんは、学生達のアルバイトだそうです。
毎晩勉強に疲れた学生達や教授達がここで寛ぎ、交流しているそうです。

更にその奥には

IMG_1358
小さなコンサートホールです。
バーもこのホールも、柱をよく見て頂くと
ちょっと変わっていると思われるかと思います。
これは、この真上がチャペルだからです。

この大学は、音楽大学ではありません。
音楽に関する学科はありません。
が、学生さんの多くは音楽を趣味にしているらしく
音楽活動が大変盛んなんだそうです。
時には修士生達が音楽を教えてくれたり
海外公演に行ったりと
世界的にも有名なんだそうです。

毎週1回、コンサートが行われているそうです。

IMG_1359
そしてこちらは真上にあるチャペル
ケンブリッジの多くの大学は古い歴史を持ち
自校のチャペルを持っています。
毎週ミサも行われて
異宗教の外国人留学生の為に、キリスト教以外のお祈りも認めているそうです。
各宗教の特別な日には、その宗教に合わせた式典を行なっているそうです。

IMG_1369
IMG_1373
こじんまりとしていて、過度な派手さがなく
落ち着いた感じのチャペルです。

IMG_1370
入口の天井が、とても高かったです。

この他にも、豪華で煌びやかなダイニングルームがあり
年に数回フォーマルパーティーが行われています
が、この日は残念ながら開いていませんでした。
数年前に入れて頂いた時の写真を探したんですけど
ちょっと見つかりませんでした σ(^_^;)

この豪華なダイニングルームでは、3コースや5コースの食事が提供されます。
ワインはシェフ達が食事に合わせて選びます。
その為、メインが変わる度に、違うワインが出てきます。
参加者は全員フォーマルな衣装を身に付けなくてはいけません。
学生さん達は、大学のガウンも着用です。
教授達も参加します。
フォーマルですが、和やかな雰囲気の食事会ですよ〜(*^^*)
一般の方々の参加は出来ません。
学校関係者と招待客のみになります。
学生さん達の参加は義務ではありませんが
将来社交界に出る為にも、人脈を広げる良い機会ですので
推奨されています。
参加費用は実費かかる為、かなり高額にはなります。

味は…
まぁ好き嫌いでしょうね〜(^◇^;)


次回は建物内の学生達の部屋をお見せします。
それと、キングスクロス駅と言えばアレですね〜!
アレにも寄って来ましたよ〜!

最後に昨夜のミミちゃん

IMG_1396
気持ち良さそうに、ソファーの上で寝てました!
写真を撮っても起きないなんて、珍しいわ〜(*^^*)


今夜は4度だって〜(ーー;)
暖房生活が、いよいよ始まるわ〜( ̄▽ ̄;)



このページのトップヘ